ドコモが「VAIO Phone Biz」発売へ、Windows 10 Mobileスマホで突出した性能に



ついにドコモがWindows 10 Mobileを採用したスマホの発売に乗り出します。詳細は以下から。

VAIO株式会社のプレスリリースによると、同社は2月に発表した「VAIO Phone Biz」の受注を本日から開始し、4月22日に発売するそうです。VAIO STOREでの参考価格は5万4800円。

VAIO Phone Bizは5.5インチフルHD(1920×1080)液晶にSnapdragon 617(8コア、1.5GHz)、3GB RAM/16GB ROM、1300万画素背面カメラおよび500万画素前面カメラを備えたモデル。


強化ガラスで包まれたアルミニウム削り出しボディは見た目の美しさと優れた堅牢性を両立。VAIOロゴがレーザーエッチングで立体的に表現されるなど、「これこそがユーザーの求めていた真のVAIO Phoneではないか」と思わせるクオリティです。


ネットワークはNTTドコモに最適化。キャリアアグリゲーションによって、下り最大225Mbpsを実現します。


国内で販売されているWindows 10 Mobileスマホの中でディスプレイ解像度、プロセッサ、RAM容量、カメラ画素数などの主要性能で最も秀でている上に、PCライクに使える「Continuum」にも対応しているのがVAIO Phone Biz。決して3万円で買える性能のスマホにVAIOロゴを付けただけのモデルではありません。


なお、VAIO Phone BizはBIGLOBEや楽天モバイルといったMVNOだけでなく、ヨドバシカメラやヤマダ電機、ビックカメラ、エディオン、上新電機などでも販売予定。法人向けにはダイワボウ情報システムおよびNTTドコモ 法人ビジネス本部が取り扱うことが決定しています。

Windows 10 Mobile搭載 SIMフリー スマートフォン 「VAIO Phone Biz」 3月24日より受注開始

・関連記事
【悲報】「VAIO Phone不振は発売が遅れたせい」日本通信会長、何も分かっていなかった | BUZZAP!(バザップ!)

【解説】「VAIO Phone」は何故2万円高く設定してあるのか | BUZZAP!(バザップ!)

「VAIO Phone」正式発表、「ELUGA U2(3万円)」と同モデルを5万1000円で販売する暴挙に | BUZZAP!(バザップ!)

黒歴史と化したVAIO PhoneにVAIO新社長が「安易な名義貸しだった」とコメント、今後の方針も明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル
  4. 【エリア比較】「auは5G、楽天は圏外」楽天モバイルのiPhone 13は一体どこで使えないのか、「基本料0円」で激突のauと比べてみた
  5. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍

モバイルに関連した楽天商品ランキング