2年ぶりの4インチ「iPhone SE」徹底解説、廉価版のはずがiPhone 6sクラスの性能に



先ほどAppleが発表した、2013年発売のiPhone 5s/5c以来、実に2年半ぶりとなる4インチiPhone「iPhone SE」。

iPhone 5sよりも50ドル安いという廉価版的な位置付けにも関わらず、とんでもない性能を秘めています。詳細は以下から。

これが本日発表されたiPhone SE。iPhone 5sを思い起こさせるデザインで、同じ解像度(1136×640)の4インチ液晶を搭載。FaceTimeカメラはiPhone 6までと同じ120万画素のままです。


カラーバリエーションはローズゴールドを加えた4色。ドコモ、au、ソフトバンクから発売されます。


見た目こそiPhone 5sと同じですが、Apple A9や1.22μピクセルを用いた1200万画素iSightカメラ(4K動画撮影対応)を搭載し、VoLTEにも対応するなど、主要性能はiPhone 6sと同じ。


下り最大150Mbpsまでしか対応しないものの、携帯各社のプラチナバンドLTEだけでなくWiMAX 2+やAXGPもサポート。


おまけにIEEE802.11 a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、NFCなど、最新のインターフェースもサポートしています。


なお、ホームボタンに内蔵された指紋認証センサーはiPhone 6と同じ第一世代。また、iPhone 6シリーズ同様3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサーを備えていますが、気圧計のみ搭載を見送られています。

一部でコストダウンの跡が見受けられるものの、「4インチ版iPhone 6s」と言っても過言ではなく、決して廉価版とは思えない性能のiPhone SE。

SIMフリー版の16GBモデルは5万2800円、64GB版は6万4800円と、先日発売されたワイモバイル版iPhone 5sの本体価格(16GB:5万8800円、32GB:6万4800円)と比べても十分安く、性能面だけでなくOSのアップデートが充実していることを考えると、今後格安スマホ市場をiPhone SEが席巻する可能性も秘めています。

・関連記事
AppleがiPhoneに有機ELディスプレイ採用決定、実現は2018年に | BUZZAP!(バザップ!)

「Error 53」でiPhone文鎮化、AppleがiOSアップデートでスマホ修理業者を排除 | BUZZAP!(バザップ!)

必ず役立つ、iPhoneのカメラで撮る写真を大幅レベルアップさせる8つのポイント | BUZZAP!(バザップ!)

【もはや神業】50文字近いiPhoneのパスコードを超高速で解除する日本の男性が世界で話題に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング