マイクロソフトが「Surface Phone」発売か、8GB RAM・500GBストレージ搭載の超絶スペックに

このエントリーをはてなブックマークに追加



マイクロソフトが自社製タブレット「Surface」のブランドを冠したスマホを発売する可能性が浮上しました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、マイクロソフトはLumiaに代わるフラッグシップモデルとして「Surface Phone」を10月に発売する予定だそうです。

Surface Phoneは主にビジネスユーザーを対象にしたプレミアムモデルという位置付けで、8GB RAMや500GBのストレージを搭載。

明らかにスマホとしてはオーバースペックですが、液晶テレビやモニタに接続するだけでPCライクに使える機能「Continuum」を快適に利用できるようにするためかもしれません。

また、マイクロソフトはSurface Book 2とSurface Pro 5も発売する予定。モバイル分野でiOSやAndroidに追われ、本来の強みであったパソコン分野も浸蝕されつつある同社ですが、Surfaceシリーズで巻き返しを図ることはできるのでしょうか。

Microsoft Surface Phone Releasing In October With 8GB RAM, 500GB Storage

・関連記事
Surface Pro 4と同性能で半額以下、コスパ最強タブレット「Cube i9」 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが「VAIO Phone Biz」発売へ、Windows 10 Mobileスマホで突出した性能に | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】Windows 10 MobileスマホでMSの巻き返しは困難、Androidアプリ移植のProject Astoriaも頓挫か | BUZZAP!(バザップ!)

全世界で販売中のWindows Phoneをまとめたインフォグラフィック公開、課題が浮き彫りに | BUZZAP!(バザップ!)

HuaweiがWindows Phone撤退、「誰一人利益を得ていない」と辛辣すぎるコメントも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加