「ローマの休日」が公開された1953年、まだ駆け出しだったオードリー・ヘップバーンの「オフショット」集

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本人から絶大な支持を誇るオードリー・ヘップバーン。彼女のあの年の素顔はこんなにも可憐でした。

1953年に「ローマの休日」のヒロイン、アン王女に大抜擢されたことで20世紀の誇る名女優としてのキャリアの第一歩を踏み出したオードリー・ヘップバーン。日本で絶大な人気を誇る彼女ですが、映画の中とは違う、何の変哲もない日常風景の中でも可憐に光り輝いていました。

当時24歳だったオードリーの日常の風景を撮影したのは写真家のMark Shawさん。着飾ったパーティや仕事中のオードリーではなく、あくまで平凡な彼女の日々を撮影しています。この時期のオードリーは自らの名声を確固たるものとする次作「麗しのサブリナ」の撮影の真っ只中でした。リラックスした中にも張り詰めたオーラのようなものを感じさせます。





















マンガのような一直線の太眉と全てを見透かされそうな目力、やはりたまりませんね。

vintage everyday Intimate Pictures of Young Starlet Audrey Hepburn at Home in Beverly Hills, 1953

ローマの休日 日本語字幕版 オードリー・ヘプバーン グレゴリー・ペック FRT-096 [DVD]
エー・アール・シー株式会社 (2014-10-17)
売り上げランキング: 1,605

麗しのサブリナ [DVD]
麗しのサブリナ [DVD]
posted with amazlet at 16.06.03
パラマウント ジャパン (2006-04-21)
売り上げランキング: 11,398

・関連記事
死の6週間前に撮影された黒髪ウィッグのマリリン・モンロー | BUZZAP!(バザップ!)

マリリン・モンローがまだ無名だった20歳の時の写真 | BUZZAP!(バザップ!)

往年の大女優や女性ミュージシャンと彼女らのターンテーブルを撮影した写真集がすばらしい | BUZZAP!(バザップ!)

デビット・リンチが22歳で制作した短編映画「アルファベット」が猛烈にカルト | BUZZAP!(バザップ!)

有名映画の「クラブ」シーンをマッシュアップ、アナキンからターミネーターまでが入り乱れる「HELL’S CLUB」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加