【マニュアル撮影比較】Xperia X Performance、Galaxy S7 edge、HTC 10、AQUOSの「プロカメラ」で遊んでみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



今まではごく一部のスマホにのみ搭載されていた、「プロカメラ」ことマニュアル撮影機能。

2016年夏モデルではフラッグシップモデルの大半に採用されたわけですが、各モデルの違いをさっそくまとめてみました。詳細は以下から。

・Galaxy S7 edge
まずはGalaxy S7 edge。マニュアル撮影モードはホワイトバランス、露出、以外にISO(50~800)、絞り(1/24000~10)、フォーカスを設定できます。


マニュアルフォーカスで撮影しようとすると、ピント合わせを確実に行うため、拡大してくれる仕様なのがポイントです。


実際に撮影してみた例。




近くにあるものでもここまでクッキリとピントが合います。


・Xperia X Performance
マニュアル撮影モードではホワイトバランス、露出以外にはISO(50~3200)のみ設定できるXperia X Performance。あまり面白みはありません。


・HTC 10
HTC 10はホワイトバランス、露出以外にISO(100~3200)、絞り(1/8000~2)、フォーカスを設定可能。


実際に撮影してみた例。


・AQUOS SERIE SHV34
ホワイトバランス、露出以外にISO(25~1600)、絞り(1/100000~5)、フォーカスを設定可能。ISOや絞りの幅が広いのがポイントです。


マニュアルフォーカスを使う場合、ピントが合っている部分が赤く反転する仕組みを採用。「ピントが当たっていたと思いきや、実は甘かった」という失敗が少なくて済みます。



実際の撮影例。暗くなってしまいました。


こちらは明るすぎ。


ようやくなかなかいい感じに。


背景を上手くぼかした一眼っぽい写真を撮りたい時や、とりわけ食事の写真をSNSにアップしたい時などに活躍するマニュアル撮影モード。

慣れないうちは失敗することも多いものの、アシスト機能などを使うことで上手く使いこなしてみると、もう一段上の写真を撮れるようになりそうです。

・関連記事
2016年夏スマホ、Xperia X Performance、Galaxy S7 edge、HTC 10、AQUOSのカメラを比較してみた 前編 | BUZZAP!(バザップ!)

【2016年夏スマホ発熱耐久実験】Xperia X Performance、Galaxy S7 edge、HTC 10、AQUOSを比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

【2016年夏スマホベンチマーク比較】Xperia X Performance、Galaxy S7 edge、HTC 10、AQUOS SERIEを比べてみた | BUZZAP! | BUZZAP!(バザップ!)

2016年夏スマホ、Xperia X Performance、Galaxy S7 edge、HTC 10、AQUOSのカメラを比較してみた 後編 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 6500円の超格安スマホ「UMIDIGI A3S」「UMIDIGI A3X」発売、マルチキャリア対応でデュアルカメラ搭載の破格すぎる1台に
  2. 【サイバーマンデー】「Anker Soundcore Liberty 2 Pro」いきなり大幅値下がり、BA型ドライバーや音質最適化技術採用の完全ワイヤレスイヤホン最上位モデル
  3. 【サイバーマンデー】USB PD対応で超極薄の「Anker PowerPort Atom III Slim」大幅値下がり、大出力(30W)でスマホやMacBookを急速充電
  4. 縦型折りたたみスマホ「Motorola razr」の有機ELに生産問題、世界屈指のディスプレイメーカーすら苦戦する事態に
  5. 1億800万画素の「Xiaomi Mi Note 10」大幅値下がり、超高解像度(12032×9024)写真が撮れる5眼カメラ格安スマホに

モバイルに関連した楽天商品ランキング