ソフトバンクが超低消費電力のLTEモジュールを開発、電池で10年以上稼働も

このエントリーをはてなブックマークに追加



ガスや水道向けのスマートメーターや高齢者、子どもの見守り機器などへの採用を意識したLTEモジュールをソフトバンクが開発しました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社はソニー傘下のAltair Semiconductorおよび太陽誘電と協力し、IoT機器向けのLTEモジュールを開発したそうです。

同モジュールは3GPPが定める標準化規格「カテゴリー1(通信速度:上り最大5Mbps、下り最大10Mbps)」に準拠したチップを搭載したもので、2017年前半にIoT機器を取り扱う企業向けに提供を開始する予定。


さらに3GPPが定める最新の「リリース13」にも対応でき、今後ソフトバンクのLTEネットワーク側がに対応することで、電池駆動で10年以上稼働する超低消費電力モジュールへ進化するとしています。

IoT機器向け低消費電力LTEモジュールを開発 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

・関連記事
これがいつかはスマホサイズに、あまりに巨大なIntelの「5Gモバイル・トライアル・プラットフォーム」 | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「060」が個人向け携帯電話番号として開放へ、電子機器向けに「020」も | BUZZAP!(バザップ!)

Atom撤退のIntelが逆襲、iPhone 7のモデムチップに参入か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加