海外ダブル定額が大きく進化した「世界データ定額」をauが開始へ、24時間980円・自動更新無しの安心設計

このエントリーをはてなブックマークに追加



今までの海外データ定額サービスと大きく異なる「世界データ定額」を、いよいよauが開始させます。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は明日7月22日(金)から日本人の渡航先の約7割にあたる海外32ヵ国・地域でデータ通信を利用できる「世界データ定額」提供開始するそうです。


同サービスは1日980円の定額料金で、ユーザーが契約しているデータ定額プランを海外でもそのまま利用できるようになるというもの。

利用開始まで勝手に料金が発生することもなく、サービス開始から24時間有効、さらに面倒な自動更新も無し(通信は自動切断)という、かなりの気合の入りようです。


なお、従来の「海外ダブル定額」はたとえ現地時間の0:00に利用開始したとしても、あくまで日本時間の1日 (0:00~23:59)で日付のカウントが進んでしまうほか、利用料金も約24.4MBまで1日1980円、それ以上はどれだけ使っても1日2980円という、あまり使い勝手は良くなかったサービス。

任意のタイミングから24時間利用できる上、高額だったパケットの単価も下がり、さらには自動更新でパケット代がどんどん膨れ上がっていく……という地雷を踏まずに済むため、わざわざSIMやモバイルルーターを別途用意することなく、手軽に自分のスマホを海外で利用できるようになるわけです。

また、明日から同サービスを安心・便利に利用できるようにする「世界データ定額」アプリの提供も開始。「設定方法がわからない」「どのくらい使ったかわからない」といったユーザーの不安の声に応え、渡航前の簡単な初期設定、残り時間の表示、渡航先での料金を知らせてくれる機能が提供されます。


さらにアプリの「国・地域情報」から外務省の渡航注意情報や、世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」が提供する各国のホテル、レストラン、観光情報も調べられるなど、至れり尽くせりの内容となっています。


世界データ定額について | 海外で使う(au世界サービス) | au

・関連記事
今と全く異なる料金プラン、KDDI発足当時のauのカタログがすごい | BUZZAP!(バザップ!)

【IDO】au厳選の60機種で携帯電話の歴史を振り返ってみた【セルラー】 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが長期利用者向け特典「au STAR」提供、パケット割引やショップ優先来店、プレゼントも | BUZZAP!(バザップ!)

auが4G LTEとWiMAX 2+のCAで下り最大370Mbpsサービス展開、スマホで利用可能&ドコモよりエリアが広範囲に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加