auが4G LTEとWiMAX 2+のCAで下り最大370Mbpsサービス展開、スマホで利用可能&ドコモよりエリアが広範囲に



ドコモが6月から3.5GHz帯で展開する同社初のTD-LTEと、既存のFDD-LTEをキャリアアグリゲーションすることで、下り最大370Mbpsサービスを展開することを発表しましたが、auもFDD-LTEとTD-LTE(WiMAX 2+)を組み合わせたサービスを展開することになりました。

モバイルルーターしか対応しないドコモと異なり、スマホでも利用できる上に、エリアもドコモより広いのが特徴です。詳細は以下から。

KDDIによると、同社が2016年夏モデルから提供する新サービスは、2.1GHz帯のLTE(下り最大150Mbps)と、WiMAX 2+(下り最大110Mbps×2)を組み合わせる3波キャリアアグリゲーションで、下り最大370Mbpsを実現するというもの。


以下の2016年夏モデルスマホ4機種が対応するほか、6月4日発売予定のモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W03」でも利用できます。

・Galaxy S7 edge SCV33(Samsung製、5月19日発売)
・Xperia X Performance SOV33(ソニー製、6月中旬発売予定)
・HTC 10 HTV32(HTC製、6月上旬発売予定)
・AQUOS SERIE SHV34(シャープ製、6月中旬発売予定)


また、ドコモのTD-LTEは今後エリア展開を進めていかないといけないため、サービスエリアが非常に限られますが、auのWiMAX 2+は全国展開を終えているため、比較的短時間に広いカバーエリアで下り最大370Mbps通信を提供できるのが特長。基地局1台あたりのカバーエリアでも、2.5GHz帯を使うWiMAX 2+のほうが分が良くなっています。


なお、KDDI担当者によると、サービス開始当初はWiMAX 2+と組み合わせるFDD-LTEは2.1GHz帯を想定しており、同社が武器とする、つながりやすい800MHz帯のプラチナバンドLTEなどとWiMAX 2+を組み合わせることは当面できないとのこと。

しかし混雑に応じてLTEないしWiMAX 2+を切り替えるようにしていた今までと違い、垣根を越えた組み合わせに対応することで、さらにネットワークが安定+高速化できるため、今回の新たなキャリアアグリゲーションには期待できそうです。

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  2. 【速報】8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  3. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  4. 【速報】格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  5. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング