auの2016年夏モデル発表会記事まとめ、怒涛の新機種ラッシュや長期優待など目白押し

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日開催された「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」の様子や各機種のレビュー、速報記事などをまとめました。詳細は以下から。

◆速報記事
【速報】KDDIが長期利用者向け特典「au STAR」提供、パケット割引やショップ優先来店、プレゼントも


【速報】まさかのドコモ超え、auが2016年夏モデルに10機種を投入


【速報】まさかの隠し球、auが2016夏モデルを後日追加発表へ


auが4G LTEとWiMAX 2+のCAで下り最大370Mbpsサービス展開、スマホで利用可能&ドコモよりエリアが広範囲に


◆レビュー記事
史上最強のカメラを備えた「HTC 10 HTV32」速攻レビュー、ハイレゾイヤホンも同梱


まさかの限定100台、au独占「Galaxy S7 edge SCV33 Injustice Edition」速攻レビュー


海中撮影対応・高耐久スマホ「TORQUE G02」の新色ブルーを速攻レビュー、Android 6.0や新アプリも


カメラ重視の「Qua phone PX」「Qua tab PX」速攻レビュー、一眼ライクな本格写真撮影が可能に


au独自発売の「AQUOS U SHV35」速攻レビュー、SERIEと異なる新たなカテゴリーに


au版「Xperia X Performance SOV33」レビュー、下り最大370Mbps通信に対応


「AQUOS SERIE SHV34」レビュー、ホームボタンが無いiPhoneがauにも


防水防塵耐衝撃ガラホ「AQUOS K SHF33」速攻レビュー、ガラケーからの移行を本気で狙ったモデルに


LTEとWiMAX 2+のCA対応で下り最大370Mbpsの「Speed Wi-Fi NEXT W03」レビュー、NFCでワンタッチ接続も


◆発表会の様子









































三太郎CMの新たなキャラクターとして、一寸法師こと前野朋哉さんが登壇。実は色々なCMに少しだけ出演していたことが明かされました。


フォトセッションの様子。


◆質疑応答
フリー石野:
CHANGEを打ち出した動機は?危機感があるのか。ドコモは端末のラインナップ絞り込みをしたが、auはどうする?

田中社長:
CHANGEを打って出た背景は、正直に申し上げると総務省のタスクフォースの影響で携帯3社の間でお客さんの流動が減ってきている。お客さんの考えが「スマホを持ちたい」から「どのようにして使いたいか」、「スマホはもういい」に移行し、二極化が進んでいる。時間がかかるかもしれないけれども、大きく変えていこうということで今回打ち出した。

ラインナップはかなり揃えたつもり。もう少し経つと新たな第二弾を出すつもり。お客さんは希望が違うので、ラインナップを絞ると「お客さんを(ラインナップに)合わせる」ということになってしまう。なかなか全部の声に応えることはできないかもしれないし、ビジネス的な問題もあるが、ラインナップを揃えていきたいと考えている。

朝日新聞:
端末販売の適正化で削減された販売奨励金と、今回の長期割引、どっちが業績に影響があるのか。

田中社長:
長期割引は業績で言えばネガティブ要因。しかし業績には折り込んでいる。

発表会後の囲み取材では、ラインナップをあえて増やした背景などについて、田中社長がコメントしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加