au版「Xperia X Performance SOV33」レビュー、下り最大370Mbps通信に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



auの2016年夏モデルとして発売される、Xperia X Performance SOV33のレビューをお届けします。詳細は以下から。

これが「Xperia X Performance SOV33」本体。ソニーのデジタル一眼カメラ「α」の技術を応用し、タッチした被写体の動作を予測してフォーカスを合わせ続ける追尾フォーカス対応の約2300万画素背面カメラや、約1320万画素の前面カメラを搭載。カメラボタンを長押しすると、Xperia史上最速の0.6秒起動、撮影が可能で、シャッターチャンスを逃しません。

バッテリー容量は2570mAhと、ハイエンドモデルにしては若干少なめですが、Qnovo社と共同開発したバッテリー充電の最適化技術を世界で初めて採用。バッテリーの状態に応じて最適な充電を行うことで、最大約2倍の長寿命化を実現し、2年使っても劣化しにくくなっています。














・Xperia X Performance SOV33(ソニー製、6月中旬発売予定)
ディスプレイ:約5.0インチフルHD(1920×1080)トリルミナス ディスプレイ for Mobile
CPU:Snapdragon 820
メモリ:3GB RAM/32GB ROM
カメラ:背面1220万画素、前面500万画素
バッテリー:2570mAh
防水、防塵:IPX5・IPX8/IP6X
日本向け機能:ワンセグ、フルセグ、おサイフケータイ
対応ネットワーク:下り最大370Mbps(au 4G LTE+WiMAX 2+の3波CA)

このエントリーをはてなブックマークに追加