空いてるLTEで高速&通信量無制限、かなり快適なau Wi-Fi SPOTを見つけました

このエントリーをはてなブックマークに追加



携帯各社がスマホ普及による通信量増大を抑えるために導入しているWi-Fiスポット。

エリア内であればデータ通信量を気にすること無く、大容量コンテンツであっても快適に送受信できるわけですが、なかなか良いスポットを見つけることができました。詳細は以下から。

これが都内某所で見つけたau Wi-Fi SPOT。見た目は至って普通ですが……


後ろには今まで見たことが無い端末が接続されていました。



KDDIに問い合わせてみたところ、この端末は1.5GHz帯(バンド11)のLTEに対応したデータ通信端末とのこと。つまり上り最大25Mbps、下り最大75Mbpsで通信できるわけです。


100Mbps超えをうたう通信サービスが相次いでリリースされる中、あまり高速では無いのでは……という声も聞こえてきそうですが、KDDIが公開している機種ごとの対応周波数一覧を見ると、近年発売された機種でバンド11に対応したモデルはiPhone・Androidともどもゼロ。そのためバンド11はかなり空いている周波数帯なわけです。



実際に編集部で2GBを超える動画をYouTubeにアップロードしてみたところ、20分強で完了。なかなかの実効速度である上に、通信量もカウントされないため、非常に便利でした。


ただ、街にはいまだに初代WiMAXをバックボーンにしたWi-Fiスポットもあるのが現状。WiMAX 2+への移行で帯域が大幅に削られ、下り最大13.3Mbps、上り最大10.2Mbpsへと減速していますが、利用者が減った分、実効速度は向上しているのでしょうか……?

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング