怪しく、力強く、艶めかしい、デビッド・ボウイの描いた「絵画」

このエントリーをはてなブックマークに追加



伝説となったデビッド・ボウイ。音楽だけでなく彼の絵画も素晴らしいものでした。

幾多の伝説を残して今年亡くなった偉大なミュージシャン、デビッド・ボウイ。彼の作り上げた音楽が素晴らしいことは改めて言うまでもありませんが、実は彼の描いた絵画も見る人の心をわしづかみにするたぐいまれなものでした。

デビッド・ボウイの絵画はデイビット・ボンバーグフランシス・ベーコンフランシス・ピカビアらに影響を受けているとされています。力強さの奥に怪しく深い闇と、それゆえの艶めかしさが潜んでいます。

Turkish Father and Son(1978年)

The rape of Bigarschol(1996年)


Squeeze 2000(1996年)


Present future accepted(1995年)


Portrait of JO(1976年)※イギー・ポップのポートレート


I am a World Champion(1977年)


Hearts Filthy Lesson(1995年)


Evol for the Missing(1996年)


Dry Heads Capetown(1995年)


Berlin landscape with JO(1978年)※イギー・ポップのポートレート


Child in Berlin(1977年)

こちらはスケッチと習作。







そして自画像です。

自画像(1996年)


自画像(1996年)


Dhead V(1996年)


自画像(1978年)

彼の音楽と絵画、通底する何かを感じられたでしょうか?これ以外の作品は以下リンクから閲覧できます。

vintage everyday_ The Artwork of David Bowie ? These Sketches and Paintings by Bowie Show His Other Artist Side

★(ブラックスター)
★(ブラックスター)
posted with amazlet at 16.08.10
デヴィッド・ボウイ
SMJ (2016-01-08)
売り上げランキング: 3,449

・関連記事
【動画】デビッド・ボウイが1980年に初めて出演したテレビCMは日本の焼酎でした | BUZZAP!(バザップ!)

デビッド・ボウイが過去のヒットソングのMVやインタビュー映像を大量放出 | BUZZAP!(バザップ!)

マイケル・ジャクソンやストーンズ、ニルヴァーナなどの名盤が発売された当時の発掘TVCM集 | BUZZAP!(バザップ!)

音が見え、色を味わえる「共感覚」の持ち主にロックの名曲はどのように「見えた」のか? | BUZZAP!(バザップ!)

音が見え、色を味わえる「共感覚」の持ち主にロックの名曲はどのように「見えた」のか? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加