「Zenfone 3」シリーズ速攻レビュー、Deluxeが2モデル展開&国内初のマルチキャリア&デュアルスタンバイ対応に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ASUSが本日発表したZenfone 3シリーズのレビューをお届けします。ハイエンドモデル「Zenfone 3 Deluxe」が2モデル展開され、さらにZenfone 3はあえて5.2インチモデルが投入されるなど、日本市場を意識した展開となっています。

これが日本市場に投入されるZenfone 3シリーズ。左から「Zenfone 3 Deluxe(ZS550KL)」「Zenfone 3 Deluxe(ZS570KL)」「Zenfone 3(ZE520KL)」の3機種で、それぞれ5.5インチ、5.7インチ、5.2インチディスプレイを搭載しています。




最新CPUに大容量RAM、高画質カメラなどの技術を惜しみなく盛り込んだZenfone 3 Deluxe(ZS570KL)。シルバー、ゴールドの2色展開です。



サイドは限りなく薄くなっています。



底面にはUSB Type-C、上部にはヘッドホン端子



実際に触ってみたところはこんな感じ。フラッグシップモデルなだけあって、指に吸い付くように、とても快適に動作する印象です。


カメラ周りはPDAF・0.03秒レーザーAF・コンティニュアスAFの「Tri-Techオートフォーカス」や光学手ブレ補正、そしてソニー製の2300万画素センサー「IMX318」を搭載するなど、かなりプレミアムな仕様に。ハードウェアの仕様だけで考えれば、Xperia級と言っても差し支えはありません。





細かくホワイトバランスを調節できるなど、かなり使い勝手のいいマニュアル撮影機能を実現しています。


手ブレ補正の性能でもiPhone 6s Plusに勝ります。


5.5インチディスプレイにSnapdragon 625を採用した「Zenfone 3 Deluxe(ZS550KL)」と比べるとこんな感じ。



Zenfone 2と同じ画面サイズのZenfone 3 Deluxe(ZS550KL)を並べてみました。






最後にZenfone 3(ZE520KL)。日本人の手に収まりやすい5.2インチボディを採用。





動作もなかなか快適。Huawei P9 Liteなどと比較しても遜色ありません。


カメラ周りも大きく進化し、待望のソニーセンサーを採用。4軸の光学手ブレ補正に対応したほか、マニュアル撮影が可能になりました。



国内で初めてドコモ・au・ソフトバンクのマルチキャリアに対応した上、デュアルスタンバイもできます。



なお、CDMA2000をサポートしているZenfone 3 Deluxe(ZS570KL)のみ、au VoLTE非対応。通常の音声通話を使うことになります。


もちろんソフトバンク回線も利用できます。ちなみにZenfone 3 Deluxe(ZS570KL)は3CA、他の2機種は2CA対応。FDD-LTEだけでなくTD-LTEのキャリアアグリゲーションにも対応し、高速かつ安定した通信を利用できます。


発表会場ではSamsungのGalaxy S7 edgeを挑発するようなグラフも。6GB RAMはダテではありません。


各モデルの仕様はこんな感じ。

◆Zenfone 3 Deluxe(ZS570KL)

ディスプレイ:コントラスト比300万対1の5.7インチ有機ELディスプレイ(ゴリラガラス4採用)フルHD(1920×1080)、ゴリラガラス4
CPU:Snapdragon 821
RAM:6GB LPDDR4
ROM:UFS 2.0 256GB
カメラ:背面カメラはF値2.0でサファイアレンズや4軸光学手ブレ補正や6軸センサーを採用しており、PDAF/0.03秒レーザーAF/コンティニュアスAFを組み合わせたTri-Techオートフォーカスに対応。ソニー製2300万画素センサー「IMX318」搭載。前面カメラはF2.0、広角85度800万画素。
通信インターフェース:IEEE802.11b/g/n/ac、Bluetooth 4.2(+A2DP、EDR)
バッテリー:3000mAh
その他:39分で60%充電できるQuick Charge 3.0対応、USB Type-C(USB3.0)採用

◆Zenfone 3 Deluxe(ZS550KL)

ディスプレイ:5.5インチフルHD(1920×1080)スーパーIPS液晶、ゴリラガラス4
CPU:Snapdragon 625
RAM:4GB LPDDR3
ROM:UFS 2.0 64GB
カメラ:1600万画素背面カメラ、800万画素前面カメラ
通信インターフェース:IEEE802.11b/g/n/ac、Bluetooth 4.2(+A2DP、EDR)
バッテリー:3000mAh
その他:39分で60%充電できるQuick Charge 3.0対応、USB Type-C(USB2.0)採用

◆Zenfone 3(ZE520KL)

・スペック
ディスプレイ:5.2インチフルHD(1920×1080)スーパーIPS液晶、ゴリラガラス3
CPU:Snapdragon 625
RAM:3GB LPDDR3
ROM:eMCP 32GB
カメラ:背面カメラはF値2.0で4軸光学手ブレ補正などを採用したトライテックAF、0.03秒レーザーAF対応の1600万画素センサー搭載。前面カメラはF値2.0で800万画素。
通信インターフェース:IEEE802.11b/g/n/ac、Bluetooth 4.2(+A2DP、EDR)
バッテリー:2650mAh
その他:USB Type-C(USB2.0)採用

・関連記事
Zenfone 3ついにお披露目、ASUS発表会「Zenvolution」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSのCA対応「ZenPad 3 8.0」がHuaweiを下してトップに、格安SIMフリータブレットで仁義なき殴り合い発生中 | BUZZAP!(バザップ!)

Zenfone 3はキャリアアグリゲーション対応で快適通信、格安スマホで一線を画す存在に | BUZZAP!(バザップ!)

新型格安スマホ「Zenfone 3」の発売遅れ、ついにASUSの出荷目標に影響 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加