総務省の要請でiPhoneやXperiaさらに値上げへ、週末限定セールなども規制対象に



総務省が主導する「スマートフォンの販売適正化」を受け、iPhoneやXperiaといったハイエンドスマホの本体価格が引き上げられることになりそうです。詳細は以下から。

時事通信社の報道によると、スマホの販売適正化を議論している総務省の有識者会議が、4月から適用されているスマホの「実質0円」販売規制を強化する方針だそうです。

大手3社はスマホの実質販売価格を1万円程度に見直しましたが、指針違反が続出していることや、3万円以下の低価格端末などの普及を依然阻害していることを有識者会議は問題視。

利用者が合理的な額を負担しているか判断する基準を拡充するよう求めており、総務省は近く規制を強化する方針で、大手携帯3社はハイエンドモデルの販売価格を引き上げることになるとされています。

また、NHKの報道によると、今まで抜け道となっていた週末限定の値下げキャンペーンなども規制対象に。現在購入半年間となっているSIMロック期間についても、さらに短縮する方針であることや、MVNO(仮想移動体通信事業者)への回線貸出料の引き下げも求めるとしています。

「ゼロ円」規制指針、強化へ=スマホ販売、違反基準を拡充-総務省:時事ドットコム

携帯端末実質0円 「週末限定」なども禁止へ 総務省 | NHKニュース

・関連記事
「値下げ」に沸く携帯料金、支払額が変わらないどころか上がる可能性もあることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「MNP割引に上限」は無意味、政府主導の携帯料金値下げの議論がズレすぎている件について | BUZZAP!(バザップ!)

「20GB」で並ぶ携帯各社、速度制限や通信の最適化について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 「全画面iPhone」ついに登場か、画面下カメラとセンサーでノッチもパンチホールも消滅へ
  2. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  3. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  4. 「Nothing Phone (2)」はSnapdragon 8 Gen 2+搭載のフラッグシップスマホか、12GBメモリや5000mAhバッテリーなど詳細判明
  5. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング