JBLやAKGブランドでおなじみのHarmanをSamsungが80億ドルで買収

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界的オーディオブランド「JBL」や、ソフトバンクのスマホとセット販売されたスピーカーでも知られる「Harman Kardon」、一部のオーディオマニアからの支持が厚い「AKG」などを手がけるHarmanをSamsungが買収します。詳細は以下から。

SamsungとHarmanが連名で発表したプレスリリースによると、Samsungは80億ドルを投じてHarmanを買収するそうです。目的はHarmanが持つコネクティッドカー向け技術で、同分野は2025年に1000億ドル市場になると見込まれるとのこと。

5GなどのSamsungが持つ通信・コンピューティング分野の技術とHarmanの車載向け技術を融合させることで、次世代コネクティッドカーの研究開発が加速するほか、Harmanの音響技術がSamsungのモバイルやVR端末などの競争力を強化するとしています。

なお、今回の買収によってHarmanはSamsungの完全子会社になるものの、現在の経営陣や開発者、本社や設備、そしてプロオーディオブランドのすべてが保持される方針。

若者から支持を集めるオーディオメーカー、BeatsをAppleが買収したことは記憶に新しいですが、今度は歴史ある世界的オーディオブランドをSamsungが傘下に収めることになります。

Samsung Electronics to Acquire HARMAN, Accelerating Growth in Automotive and Connected Technologies | HARMAN

・関連記事
スマホ向けの「11K(10560×5940)」ディスプレイ開発へ、正気を疑うような解像度に | BUZZAP!(バザップ!)

「Galaxy Note 7」が発売早々全数リコールへ、充電中に爆発する不具合が相次ぐ | BUZZAP!(バザップ!)

Galaxy S5の微妙なカメラ、日本メーカーが協力を拒んだ結果であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加