「ニンテンドースイッチはPS4やXbox Oneからのゲーム移植が容易」、NVIDIAのCEOが明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加



任天堂の据置ゲーム機において、近年ずっと問題だったのが「サードパーティーからのソフトが出ないこと」。

自社タイトル以外のキラータイトルの不在は任天堂を苦しめ続け、Wii Uが史上稀に見る短命ハードとなることにもつながったわけですが、どうやらニンテンドースイッチでは状況が変わってくるようです。詳細は以下から。

NVIDIAのCEO、Jen-Hsun Huang氏が明かしたところによると、同社のTegraプロセッサを採用したニンテンドースイッチは、従来よりも他のプラットフォームからゲームを移植しやすくなっているそうです。

PS4やXbox Oneはx86ベース、ニンテンドースイッチはARMベースのCPUを登載しているため、移植にあたってハードルがあるとも考えられますが、どのゲーム機も近代的なGPUを採用していることから、シェーディングや基本的な機能といったアーキテクチャが共通化されているとHuang氏は指摘。

そのためゲームメーカー各社は、さらに数多くの顧客をターゲットにできる(=出荷本数が伸ばせる)ようになり、ゲーム自体のクオリティ向上を図れるとコメントしています。

なお、任天堂はニンテンドースイッチのさらなる詳細を2017年1月12日(日本時間の1月13日)に発表予定となっています。

Nvidia: Porting PS4, Xbox One, and PC games to Nintendo Switch is simple | GamesBeat | Games | by Jeff Grubb

・関連記事
【解説】任天堂NXの正式名称は「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」、スプラトゥーン2も | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂NXこと「Nintendo Switch」、NVIDIAのカスタム版Tegraを搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂がWii U生産終了へ、近年稀に見る短命ハードに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加