「Zenfone 3 Ultra」発売へ、カメラも性能も妥協しない大画面モデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ついにZenfone 3 Ultraの発売が告知されました。詳細は以下から。

これがZenfone 3 Ultra。6.8インチフルHD(1920×1080)スーパーIPS液晶を搭載しており、「ズルトラ」の愛称で親しまれているXperia Z Ultraを思い起こさせる作りです。



背面にはレーザーオートフォーカス、像面位相差オートフォーカス、コンティニュアスオートフォーカスを1つに統合した「TriTech(トライテック)オートフォーカス」および光学式手振れ補正(OIS)と電子式手振れ補正(EIS)搭載の2300万画素カメラと4600mAhの大容量バッテリー。一般的にファブレットと呼ばれるモデルはカメラがおそろかになりがちですが、そんなことはありません。


側面はいたってシンプル



USB Type-C端子を採用。Zenfone 3 Ultraからほかの機器を充電できる「リバースチャージ機能」も備えています。



Zenfone 3 Deluxeの5.7インチモデル、5.5インチモデルと並べてみるとこんな感じになります。



なお、ASUSのプレスリリースによると、カラーバリエーションはグレー、ローズゴールド、シルバーの3色で、発売予定日は12月9日(金)、気になる希望小売価格は5万9800円(税別)。すでにUQ mobileが取り扱いモデルに加えることを明かしています。

大画面に比較的高性能なプロセッサ、そして高画質なカメラ……など、なかなかバランスの良いモデルとなったZenfone 3 Ultra。他のZenfone 3シリーズ同様、キャリアアグリゲーションや4G+3GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)をサポートするなど、ネットワーク回りも充実している点がポイントです。

Zenfone 3 Ultra(ZU680KL)
・スペック
ディスプレイ:画面占有率79%の6.8インチフルHD(1920×1080)IPS液晶(ゴリラガラス4採用)
CPU:Snapdragon 652
RAM:4GB
ROM:32GB eMMC
カメラ:背面カメラはF値2.0で0.03秒AFや光学手ブレ補正を採用した2300万画素センサー搭載。前面カメラはF2.0、広角85度800万画素。
バッテリー:4600mAh
その他:45分で60%充電できるQuick Charge 3.0対応デュアルステレオスピーカー搭載、USB Type-C端子経由でDisplayPortに映像出力可能

・グローバル版(日本含む)の対応周波数帯
3G(W-CDMA):Band1/2/5/6/8/19
4G(FDD-LTE):Band1/3/5/7/8/18/19/20/26/28
4G(TD-LTE):Band38/40/41

・関連記事
ついにau回線に本格対応した「Zenfone 3」、UQ mobileで使うメリットはこんなにも多い | BUZZAP!(バザップ!)

auからUQ mobile、ソフトバンクからワイモバイルへの移行がSIMロック解除不要に | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホより安いのにSnapdragon 820搭載、えげつないコスパの「Le Max 2」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

Xiaomi Mi5s Plusの128GBモデルが特別セール中、Snapdragon 821+6GB RAM+ソニーの最新センサー採用 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加