HTC、スマホ出荷台数でASUSに完敗していた



世界初のAndroidスマホ「G1」を発売するなど、時代の最先端をひた走っていたHTCが、同じ台湾のASUSにスマホ出荷台数で完敗してしまいました。詳細は以下から。

ASUS, HTC, Acer fall short of smartphone shipment targets

海外メディアの報道によると、台湾を拠点とするスマホメーカー3社(ASUS、HTC、Acer)は現在苦境に立たされているそうです。

これは中国メーカーとの価格競争および発売時期が遅れたことなどが原因で、Zenfone 3の発売が遅れたASUSは2016年に2500万台のスマホを出荷するつもりであったのに対し、2000万台にとどまってしまったとのこと。

そして2015年に1800万台のスマホを出荷したHTCは1000~1200万台程度にとどまってしまったほか、1000万台出荷を目指していたAcerも、わずか500万台程度と、驚くほど奮わない結果となっています。

HTCとAcerの出荷台数を足してもASUSに届かず、そのASUSも目標の8割しか売れていない」という、かなり厳しい状況に追い込まれている台湾メーカー。3社を足してもHuaweiの出荷台数(1億3900万台)の3分の1にも満たないのが現状です。

なお、HTCは先日中国・上海にあるスマホ工場を売却することを表明。売却益を「HTC Vive」などのVR事業に投資することで生き残りを図る方針とされています。

・関連記事
Zenfone 4は5月発売、さらなる高性能化で本体値上がりも | BUZZAP!(バザップ!)

気が付けば開店休業状態、「Acerのスマホ」は一体どうなったのか | BUZZAP!(バザップ!)

HTCのグローバル部門の責任者やプロダクトデザイナー、販売責任者が退職したことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

止まらないHTCの先細り、ViveもGoogle Pixelも浮上策にならず | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  2. 1万円の8インチタブレット「Alldocube Smile 1」大幅値下げ、カーナビ代わりにも使える人気の超格安SIMフリーモデル
  3. 「Xperia 1 Ultra」開発中か、240Hz表示対応の大画面すぎる4K有機ELディスプレイ搭載など10年ぶりの「Ultra」に
  4. 【過去最安】Anker最高峰「GaNPrime」採用の充電器やモバイルバッテリーが大幅値下げ、スマホやタブレット、パソコンを複数台同時に急速充電できる超高出力モデルが軒並み格安に
  5. Xiaomi格安スマホ「POCO X4 Pro」値下げ、iPhone 14 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、液冷機構搭載でマルチキャリアにも対応

モバイルに関連した楽天商品ランキング