気が付けば開店休業状態、「Acerのスマホ」は一体どうなったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加



2015年10月に「Liquid Z530」を引っさげ、日本の格安スマホ市場に本格参入を果たしたAcer。

同じ台湾のASUSと共にパソコン市場で勇名を馳せているメーカーだけに、きっと今後さまざまな機種が投入されるはず……と思いきや、そんなことはありませんでした。詳細は以下から。

◆「日本市場本格参入」をうたっていたAcer
まず見てもらいたいのが、Acer日本法人の公式ページ。2015年11月発売の「Liquid Z530」および12月発売の廉価モデル「Liquid Z330」以降、スマホのラインナップは増えていません。

スマートフォン | すべての スマートフォン を表示 | Acer ソリューション


◆法人向けに新機種が出たものの……
しかし新機種が全く出なかったというわけでもなく、Acerは2016年8月に「Liquid Jade Primo」を投入。しかし法人限定販売な上、日本どころか世界レベルで見ても利用者の少ないWindows 10 Mobileスマホ。

そのため個人で使うにはさまざまな意味でハードルが高く、消費者が手にできる機種は実質的にLiquid Z530/Z330で止まっているのが現状です。

Business DN'A|製品情報|Liquid Jade Primo


◆海外では新機種が発売中
なお、携帯電話情報サイト「GSMArena.com」によると、Acerが2016年に発売したスマホはファブレットを含めて9機種ほど。日本市場は確実にスルーされています。

All Acer phones


ただ最新モデルとして投入された「Liquid Z6」は、MediaTek MT6737(1.3GHz×4コア)に1GB RAM/8GB ROM搭載と、今さら日本市場で売るにはかなり厳しい性能。

Acer Liquid Z6 - Full phone specifications


同時に発表された「Liquid Z6 Plus」についても、MediaTek MT6753(1.3GHz×4コア、1.5GHz×4コア)に3GB RAM/32GB ROMを備えるなど、なかなか悪くない性能ですが、「Zenfone 4」や「Huawei P10 Lite」が控えてる今になってリリースに踏み切っても、話題性が薄いと思われます。

Acer Liquid Z6 Plus - Full phone specifications


なお、Acerは出荷台数でなく利益を重視するため、スマホのラインナップを削減・集約することを2015年11月に表明。

利幅の薄く、競合各社がしのぎを削るエントリーモデルでなく、利益率の高いミドルレンジ~ハイエンドモデルに注力するかと思いきや、ラインナップを見る限りそうとも限らないあたりから、難しい舵取りを迫られている同社の苦悩が垣間見えます。

・関連記事
スマホのOS戦争完全決着、「第3のOS」は生まれずに終わりました | BUZZAP!(バザップ!)

「Huawei P10 Lite」正式発表、人気の「Huawei nova lite」を超える性能に | BUZZAP!(バザップ!)

Zenfone 4は5月発売、さらなる高性能化で本体値上がりも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  2. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  3. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  4. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  5. auが格安タブレット「TCL TAB 10s」発売、固定回線不要の小型LTEルーター「無線LAN STICK」も

モバイルに関連した楽天商品ランキング