スマホのOS戦争完全決着、「第3のOS」は生まれずに終わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本で初めてAndroidスマホが発売された2009年から7年が経過した今年、スマホのOS戦争は完全に決着してしまいました。詳細は以下から。

これは2009年からのスマホのOSシェアを比較したグラフ。2009年時点ではSymbian OS、BlackBerryが過半を占め、30%に満たないシェアの中でiOS・Windows Mobile、Androidが競り合っていましたが、2016年にはAndroidが85.2%、iOSが13.8%を占め、残りのたった1%をWindowsなどのOSが分けあっています


Windows以外にもTizenやFirefox OSなど、さまざまな可能性があった「第3のOS」。しかしいずれのプラットフォームも第三極として定着することはなく終わってしまいました。

エントリーモデルでも比較的快適に動作するWindows Phoneが新興国市場などでシェアを伸ばしたこともありましたが、技術革新でそこそこ動くスマホを安価に製造できるようになった今、対応アプリの多いAndroidが圧倒的なシェアを獲得するようになってしまったのは、仕方が無いことかもしれません。

Chart: The Smartphone Platform War Is Over | Statista

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  3. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに
  4. お値段なんと1万円ちょい、価格.com人気1位の格安タブレット「Lenovo Tab B10」が微妙すぎてヤバい
  5. Snapdragon 865搭載の超高性能スマホ「Black Shark 3」圧倒的な低価格に、ゲームのために生まれた1台が信じられないほど値下がり

モバイルに関連した楽天商品ランキング