スマホのOS戦争完全決着、「第3のOS」は生まれずに終わりました



日本で初めてAndroidスマホが発売された2009年から7年が経過した今年、スマホのOS戦争は完全に決着してしまいました。詳細は以下から。

これは2009年からのスマホのOSシェアを比較したグラフ。2009年時点ではSymbian OS、BlackBerryが過半を占め、30%に満たないシェアの中でiOS・Windows Mobile、Androidが競り合っていましたが、2016年にはAndroidが85.2%、iOSが13.8%を占め、残りのたった1%をWindowsなどのOSが分けあっています


Windows以外にもTizenやFirefox OSなど、さまざまな可能性があった「第3のOS」。しかしいずれのプラットフォームも第三極として定着することはなく終わってしまいました。

エントリーモデルでも比較的快適に動作するWindows Phoneが新興国市場などでシェアを伸ばしたこともありましたが、技術革新でそこそこ動くスマホを安価に製造できるようになった今、対応アプリの多いAndroidが圧倒的なシェアを獲得するようになってしまったのは、仕方が無いことかもしれません。

Chart: The Smartphone Platform War Is Over | Statista

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクのバトル継続中、本体のみ購入でも割引で128GBモデルも格安に
  2. 【速報】ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も
  3. KDDI(au)が「新サービス発表会」開催、基本料0円の新プラン「povo 2.0」に加え、鉄道や繁華街での5Gエリア拡大、高速衛星ブロードバンドも
  4. 【速報】iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に
  5. 【速報】iPhone 13の5Gも「ミリ波(mmWave)」非対応でSub-6のみに、アメリカと中国の5G主導権争いに終止符か

モバイルに関連した楽天商品ランキング