【ポケモンGO】ソフトバンクとNianticがパートナー締結、ショップ3700店舗をポケストップやジムに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクがポケモンGOの開発元と提携することになりました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は「Pokemon GO(ポケモン ゴー)」において、開発元のNiantic, Inc.とパートナーシップ契約を締結したそうです。

これにより、全国約3700店舗のソフトバンクショップおよびワイモバイルショップが、ゲーム内で「ポケストップ」または「ジム」として2016年9月以降に登場するとのこと。

また、今後ソフトバンクならではの「Pokemon GO」コラボキャンペーンやサービスの提供を検討していくほか、プレーヤーが法令やルール、マナーを守り、安全に楽しく遊べるよう両社で注意喚起を図っていくとしています。

全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokemon GO」の「ポケストップ」「ジム」に! | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

このエントリーをはてなブックマークに追加