月額料金なんと180円、UQ mobileとワイモバイルがiPhone 5sを捨て値で販売中



ワイモバイルとUQ mobileが3月25日から「iPhone SE」の取り扱いを始めたことを受け、血で血を洗うような旧モデルの叩き売り合戦が開始されました。

ただでさえ安く売られていたiPhone 5sを驚くほど低いランニングコストで運用できるようになっています。詳細は以下から。

携帯電話販売店「テルル」や「モバワン」の公式ブログによると、2017年3月29日現在、iPhone 5sが一括1~2万円程度で販売されています。

UQ mobileの場合。先に本体代として一括1万9800円を支払うと、iPhone 5sの16GBモデルが月額180円に。5分以内の国内通話無料・2GBのデータ通信・データ通信をカウントされない300Kbpsの節約モード込みの料金です。


ワイモバイルの場合。先に本体代として一括1万800円を支払うと、iPhone 5sの32GBモデルが月額356円に。ワイモバイル版は10分以内の国内通話無料・2GBのデータ通信・ソフトバンクWi-Fiがセットになっています。


なお、両社とも本体代金をはじめとした各種提供条件が店舗ごとに異なり、コンテンツパックなどへの加入が求められる場合もあることに注意が必要。

最初から通話定額もデータ通信も含まれているため、ランニングコストはガラホなどよりも確実に安く、「通話少しとLINE、軽いブラウジングができればいい」程度の使い方を考えているユーザーには、かなり強力な選択肢となっています。

・関連記事
【格安iPhone】UQ mobileの「iPhone SE」速攻レビュー、大手3社の半額なのに爆速&通信量フリーの節約モードも | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileとワイモバイル版「iPhone SE」の月額料金を比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

実は動画サイトも利用可能、UQ mobile版iPhone 5sの「節約モード(300kbps)」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル
  4. 【エリア比較】「auは5G、楽天は圏外」楽天モバイルのiPhone 13は一体どこで使えないのか、「基本料0円」で激突のauと比べてみた
  5. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍

モバイルに関連した楽天商品ランキング