iPhone SEと5sはどれだけ性能が違うのか、UQ mobileの「格安iPhone」を徹底比較してみた



UQ mobileの格安iPhone第2弾となった「iPhone SE」。

画面サイズもボタン配置も何もかも同じであるため、一見してどこが進化したのかが分かりづらいのが難点ですが、数字で検証してみると、その差は歴然です。詳細は以下から。

今回はUQ mobile版のiPhone SEと5sをベンチマークアプリで比較してみました。まずは定番アプリ「AnTuTu BenchMark」。


さっそくベンチマークを走らせてみたところ。この時点でiPhone 5sがガクガクになるシーンがあることが分かります。


iPhone SE(右)と比べて、ベンチマークの測定自体に時間がかかるiPhone 5s(左)。


スコアはiPhone 5sが62543、iPhone SEが126016。iPhone SEの性能は5sの2倍です。


内訳はこんな感じ。最も差が出なかったのはRAMの部分でした。


続いてはゲームなどをプレイする際に欠かせないグラフィック性能を計測するため、「3D Mark Sling Shot Extreme」を走らせてみました。


ベンチマークが走っているところ。やはり5sはガクガクになってしまうところが複数見られます。


iPhone SEのスコアが1954なのに対し、5sは796。その差は歴然です。


iPhone SEは4K動画(30fps)や120fpsのフルHDスローモーション動画などを撮影できることを考えると、無理からぬ事かもしれません。


iPhone SEが発売されたことで、一部店舗でiPhone 5sの在庫一掃セールが行われていますが、自分に必要なのは価格なのか、それとも性能なのかをよく見定める必要がありそうです。

・関連記事
【格安iPhone】UQ mobileの「iPhone SE」速攻レビュー、大手3社の半額なのに爆速&通信量フリーの節約モードも | BUZZAP!(バザップ!)

月額料金なんと180円、UQ mobileとワイモバイルがiPhone 5sを捨て値で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileとワイモバイル版「iPhone SE」の月額料金を比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobile向け無料の公衆無線LAN「Wi2 300 for UQ mobile」の設定方法はこんな感じ | BUZZAP!(バザップ!)

実は動画サイトも利用可能、UQ mobile版iPhone 5sの「節約モード(300kbps)」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobile初のガラホ「DIGNO Phone」本日発売、本体代込み月額1980円に | BUZZAP!(バザップ!)

まさに爆速快適、SIMロックを解除したauスマホをUQ mobileで使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  3. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  4. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング