パソコンでも使える無料の公衆無線LAN「Wi2 300 for UQ mobile」の設定方法はこんな感じ

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 5sの発売に合わせる形で、格安スマホ「UQ mobile」が本日から提供開始した無料の公衆無線LAN「Wi2 300 for UQ mobile」

UQ mobile契約者であればデータ通信SIMのみの契約であっても利用できる上に、スマホだけでなくパソコンやタブレットからも接続できるという、かなり太っ腹な内容なだけに、設定しておいて損はありません。詳細は以下から。

設定を始める前にやっておいてもらいたいのが、「ICCID(IC Card Identifier)」の確認。SIMカードの裏面に記載されている19桁の番号をメモしておくと、設定がスムーズに進みます。


それでは早速設定を始めましょう。まず「my UQ mobile」にログイン。

my UQ mobile


ページ下部にWi2 300 for UQ mobileへのリンクが新設されています。


こちらがWi2 300 for UQ mobile申し込みページ。


利用可能エリアのSSIDはWi2、Wi2_club、Wi2_free、wifi_square、mobilepoint、mobilepoint2、UQ_Wi-Fi(新幹線車内および待合室を除く)


サービス契約約款および利用規約に目を通したら、「同意する」を選択して契約者情報入力へ。


希望のユーザーIDやパスワード、誕生日、SIMカードに記載されたICCIDなどを入力して「利用規約に同意して申し込む」をタップすれば申し込み完了です。



届いたメールのURLからマイページへログイン。エリア内で自動的にWi-Fiスポットへと接続して欲しいのであれば、スマホ向けアプリ「Wi2 Connect(Android版)」をダウンロードします。


ここで気を付けたいのが、Android版のWi2 Connectはインストールしてもアプリ一覧には出てこず、ホーム画面の空きスペースをタップした際に出てくるウィジェット一覧に出てくるという点。


ウィジェットをタップすると、Wi2 300の自動ログインなどに関する設定を行うことができます。



アプリではWi-Fiスポットの設置場所をリスト形式や地図形式で参照することも。



Wi2 Connectはパソコンやタブレットなどでも利用可能。同じIDで複数の端末から同時にログインすることはできませんが、テザリングでデータ通信量を消費することなく、さまざまな機器でインターネット接続できるというのは、なかなか魅力的ではないでしょうか。


Wi2 300 for UQ mobile|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

・関連記事
実は動画サイトも利用可能、UQ mobile版iPhone 5sの「節約モード(ターボ機能)」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobile版iPhone 5s速攻レビュー、本体代込み月額2680円&キャリア品質のメールも | BUZZAP!(バザップ!)

「スピードテスト詐欺はしていません」、UQ mobile版iPhone 5sで通信速度を測定してみた | BUZZAP!

実は結構コスパ高め、WiMAX 2+ルーターにUQ mobileの格安SIMを挿して使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

下り60Mbps台も、無料で格安スマホを2週間使える「Try UQ mobileレンタル」を試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

au連携で第3極を目指す格安スマホ「UQ mobile」の戦略まとめ、WiMAX 2+は下り440Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

月額1980円のUQ mobileがiPhone 5s発売、auのプラチナバンドLTE対応でテザリングも可能 | BUZZAP!(バザップ!)

無料で格安スマホを2週間試せる「Try UQ mobileレンタル」本日開始、さっそく試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホUQ mobile、ついに中古auスマホ本体に特別割引を導入 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加