「業界最速」「SNS無料」「シェアNo.1」、行政指導を受けた格安スマホ・フリーテルの広告が本当にひどい



プラスワン・マーケティングが提供する格安スマホ「フリーテル」が先日、消費者庁から行政指導を受けましたが、問題視された広告は、確かに酷いと言わざるを得ないものでした。詳細は以下から。

これが景品表示法(優良誤認)に基づく措置命令を受けたフリーテルの2016年11~12月ごろの公式ページ。「ドコモ、フリーテル、他2社で平日12時台に速度テストをしたところ、フリーテルがドコモと並ぶ5Mbps強だった」とする結果を元に「業界最速」をうたっていました。


しかしたった4社での比較、しかも5Mbps台で「業界最速」をうたうのも変な話。先日Buzzap!で行った競合事業者・UQ mobileの速度調査では、平日昼の12時台に5Mbpsどころではない数字が出ています。


続いては「シェアNo.1」という表記。格安スマホシェア1位といえばワイモバイルが思い浮かびますが、プラスワン・マーケティングによると、なんとこれはヨドバシカメラにおける販売シェアで、注釈も行われていなかったとのこと。もうメチャクチャです。


そして極めつけが「SNSのデータ通信料無料」。もちろんこれはすべてが無料というわけではなく、一部の通信のみが無料となるだけの話です。


ユーザーが通信するデータを有無を言わさず圧縮し、ネットワークに負荷を掛ける行為についても一切許さない「通信の最適化」を施した上で「通信速度No.1」をうたっていたソフトバンクのような真似をしているプラスワン・マーケティング。


このままフリーテルは「格安スマホ界のソフトバンク(悪い意味で)」として君臨するのでしょうか。

プラスワン・マーケティング株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について[PDF:3.6MB]

・関連記事
トラブル急増で国民生活センターが注意喚起、「格安スマホを契約してはいけない人」は一体どんなタイプなのか | BUZZAP!(バザップ!)

nova liteより安くてデュアルカメラが付いた「Huawei honor 6X」レビュー、格安スマホとは思えない充実度に | BUZZAP!(バザップ!)

月額料金なんと180円、UQ mobileとワイモバイルがiPhone 5sを捨て値で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホが1Mbpsを割り込む昼12時台、UQ mobile版iPhone SEの通信速度をガチンコ測定してみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング