使い放題サービスもあった「ぷららモバイルLTE」終了へ、NTTグループ初のMVNO脱落者に



ドコモ回線を用いたMVNO(仮想移動体通信事業者)として、LTE使い放題サービスなどを提供している「ぷららモバイルLTE」がサービスを終了します。詳細は以下から。

NTTぷららの公式ページによると、同社が提供している「ぷららモバイルLTE」が2017年11月30日(木)をもって終了するそうです。なお、サービス終了にともない、新規契約の申込受付は2017年5月2日(火)で終了済み。

現在、サービスを利用しているユーザーに対しては、同じNTTグループのNTTコミュニケーションズが提供する「OCNモバイルONE」の優待キャンペーンを案内する予定としています。

【重要】「ぷららモバイルLTE」サービス終了のお知らせ|2017年のお知らせ一覧 |ぷらら


月額2980円で上下3MbpsのLTEが使い放題など、独自色あるサービスを提供していたぷららモバイルLTE。NTTグループで初めてMVNO事業から脱落した大手事業者となります。


ドコモから格安スマホにユーザーが移動しても、MVNO大手はNTTグループ(OCN、ぷらら、資本参加を含めればIIJも)なので、結局NTTや関係会社の間でお金が回るだけ」という構図になっていた格安スマホ市場。

にもかかわらず脱落者が出たということは、それだけグループ内でもカニバリズムが発生しているということなのでしょうか。

・関連記事
トラブル急増で国民生活センターが注意喚起、「格安スマホを契約してはいけない人」は一体どんなタイプなのか | BUZZAP!(バザップ!)

「業界最速」「SNS無料」「シェアNo.1」、行政指導を受けた格安スマホ・フリーテルの広告が本当にひどい | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホのディスプレイが格段に進化した理由が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ各社が完全通話定額や10分通話定額導入、5分かけ放題を拡充 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  3. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  4. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング