格安スマホ各社が完全通話定額や10分通話定額導入、5分かけ放題を拡充



今や多くの格安スマホ事業者で当たり前のオプションサービスとなった「5分かけ放題」を拡充する事業者が現れました。詳細は以下から。

楽天モバイル: 楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル

楽天モバイル公式サイトによると、本日から新たに「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」が提供されるそうです。

同サービスは電話回線を使った格安通話サービス「楽天でんわ」での国内通話を時間と回数の制限なく、月額料金2380円で利用できるというもの。

月額料金イメージ。大手携帯各社よりも安価に完全通話定額を利用できます。


楽天の電話回線網を使うためIP電話より通話品質も安定。ただし通話の際に「楽天でんわ」のアプリまたは相手先電話番号に「003768」を付ける必要があるほか、高音質なVoLTEも利用できないなど、大手携帯各社のサービスと完全に同じというわけではない点に注意が必要です。


IIJ、個人向けモバイルサービスにおいて、定額で音声通話ができる「通話定額オプション」の通話時間を改定 | 2017年 | IIJ

また、IIJmioも今までの「通話定額オプション」の提供内容を改定し、月額料金(830円)はそのままで通話定額となる時間を5分から10分に拡大。しかしやはり専用アプリ「みおふぉんダイアル」で自社の回線網を介する必要があるとされています。

・関連記事
トラブル急増で国民生活センターが注意喚起、「格安スマホを契約してはいけない人」は一体どんなタイプなのか | BUZZAP!(バザップ!)

nova liteより安くてデュアルカメラが付いた「Huawei honor 6X」レビュー、格安スマホとは思えない充実度に | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホが1Mbpsを割り込む昼12時台、UQ mobile版iPhone SEの通信速度をガチンコ測定してみた | BUZZAP!(バザップ!)

月額料金なんと180円、UQ mobileとワイモバイルがiPhone 5sを捨て値で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング