auが下り最大590Mbpsの通信サービスを明日から提供、2017年夏モデルスマホも対応か



auが下り最大590Mbpsの高速通信サービスを提供します。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は2017年5月16日から下り最大590Mbpsの高速通信サービスを提供するそうです。

これは4G LTEの下り最大150MbpsとWiMAX 2+の下り最大440Mbpsを組み合わせたもので、東京都、愛知県、大阪府の一部エリアから順次提供開始。サービス提供時点での対応機種は「Speed Wi-Fi NEXT W04」で同日配信のソフトウェアアップデートを適用すれば、利用できるようになります。

なお、今後発売を予定している一部の最新auスマホでは、4×4 MIMOとキャリアアグリゲーションによって実現される下り最大440MbpsのWiMAX 2+と、下り最大590Mbpsのネットワークから、通信環境に応じて快適なネットワークへ自動的に接続する仕組みが導入されるとしています。

「4G LTE」と「WiMAX 2+」のキャリアアグリゲーションが進化! 受信最大590Mbpsへ | 2017年 | KDDI株式会社

・関連記事
下り最大440Mbpsルーター対決、Speed Wi-Fi Home L01とSpeed Wi-Fi NEXT W04の通信速度を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

縦型で片手操作、下り最大440Mbpsのモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」速攻レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

ついにWiMAX 2+の屋外基地局数が3万を超える、下り最大440Mbpsエリア全国展開&上り速度も30Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング