毎月1500円がずっと割り引かれる「docomo with」、SIMをiPhoneに差し替えても割引対象に



ドコモが新たな料金プランとして打ち出した「docomo with」に面白い使い方があることが明らかになりました。詳細は以下から。

ドコモの吉澤社長によると、docomo withで契約した回線については、2年経過後にSIMカードをSIMフリースマホに差し替えて利用しても、ずっと割引を受け続けることができるそうです。

そこでドコモの広報担当者に問い合わせたところ、AndroidであってもiPhoneであっても割引対象になるとのこと。

キャリア版iPhoneを買えば手厚い月々サポートを受けることができることを考えると、わざわざSIMフリー版iPhoneを購入するメリットがあるのかどうかは疑問ですが、使い方次第では恩恵を受けることができる人もいそうです。

・関連記事
ドコモの2017年夏モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが格安スマホに対抗、通話定額無しの「シンプルプラン」や「シェアパック30」を新設 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモがカケホーダイライトと2GBパックを組み合わせ可能に、超長期契約者は月額4900円 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが携帯電話の無償修理を有償に切り替えへ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング