docomo with第一弾「Galaxy Feel SC-04J」「arrows Be F-05J」速攻レビュー、格安スマホに対抗したドコモのツートップに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモが2年経過後もずっと月額1500円を割り引く新料金プラン「docomo with」の対象機種として発表した「Galaxy Feel SC-04J」「arrows Be F-05J」のレビューをお届けします。詳細は以下から。

◆Galaxy Feel SC-04J
4.7インチHD(1280×720)有機ELディスプレイにExynos 7870(1.6GHz、オクタコア)、3GB RAM/32GB ROM、3000mAhバッテリー、1600万画素背面カメラ、500万画素前面カメラを備えた防水・防塵スマホ。なお、ドコモ専売モデルとなります。






XperiaのCompactシリーズを思い起こさせるような外観。





レスポンスもなかなか悪くありません。


カラーバリエーションは3色



◆arrows Be F-05J
約5.0インチHD(1280×720)IPS液晶にSnapdragon 410、2GB RAM/16GB ROMを備えた、そろそろ厳しい気がしなくもない性能のエントリーモデル。F2.0の1310万画素背面カメラ、F2.4の500万画素前面カメラを備えた防水防塵耐衝撃スマホです。







レスポンスはまずまずといったところ。


カラーバリエーションは3色。




とにかく耐衝撃性能が高く、画面が割れにくいのがarrows Be F-05Jの強み。



階段から落ちた状態を再現する拷問器具の中に入れ、年末の福引きのようにガラガラ回しても無傷です。


なお、いずれのモデルにも月々サポートは付かず、スマホ本体を実費(Galaxy Feel SC-04Jの場合、3万円台半ば)で支払う必要がありますが、代わりにずっと毎月1500円が割り引かれるのが大きな特徴。割引額を考えれば、実質0円ないしそれ以下で購入できる計算になります。

また、2年経過後、自分で購入したSIMフリースマホにSIMカードを挿しても割引を受け続けることができるとされているため、「キャリア品質の通信回線をSIMフリースマホで安く使いたい」という利用者にもピッタリだと思われます。

・関連記事
ドコモの2017年夏モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが格安スマホに対抗、通話定額無しの「シンプルプラン」や「シェアパック30」を新設 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモがカケホーダイライトと2GBパックを組み合わせ可能に、超長期契約者は月額4900円 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが携帯電話の無償修理を有償に切り替えへ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング