2017年下半期はスマホの部品不足が深刻化か、冬モデルに影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホ向けの需要が旺盛なことを受け、フラッシュメモリが高騰して久しい昨今ですが、2017年下半期はさらに状況が逼迫し、冬モデルスマホに影響が出る可能性があることが明らかになりました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2017年第3四半期に生産される新型iPhoneやAndroidスマホの新モデルが2017年後半に相次いで発売されることを受け、部品不足が懸念されているそうです。

これは部品メーカー関係者が明かしたもので、すでに中国のスマホメーカーが新モデルの発売に向けて部品をストックし始めているとのこと。

しかし大容量メモリや高密度バッテリー、高解像度カメラ、デュアルレンズカメラモジュールといった主要部品は確実に不足するとみられるほか、18:9のディスプレイやUSB Type-Cの採用が大幅に増加したことで、部品の安定供給がさらに不確実に。

なお、新型iPhoneの量産開始によって、指紋センサー、メタルケース、ディスプレイコンポーネントなどの供給が圧迫されるおそれも指摘されています。

ちなみに部品不足のしわ寄せは優先して部品の供給を受けられるシェア上位メーカーでなく、出荷台数の少ないメーカーに色濃く表れるため、先日お伝えしたスマホシェアトップ14の下位ないしそれ以下は、新機種発売の遅れや価格の高騰などに見舞われる可能性があります。

・関連記事
格安スマホのディスプレイが格段に進化した理由が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦、HTC U11・AQUOS R・Galaxy S8・Xperia XZsなどを比べてみた その1 | BUZZAP!(バザップ!)

2017年はスマホ部品が世界的に不足、本体値上げや弱小メーカー淘汰のおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加