いよいよ「060」が携帯電話向けに開放へ、070は枯渇間近

このエントリーをはてなブックマークに追加



2年前に浮上した「060」を携帯電話番号として開放するという話が、ついに実現することとなりそうです。詳細は以下から。

朝日新聞社の報道によると、高市早苗総務相は本日行われた閣議後会見で、携帯電話に「060」で始まる番号を導入する準備を始めたことを明かしたそうです。

これは090、080がすべて割り当て済みな上、2013年に割り当てが開始された「070」についても、2590万番号しか残っていないとのこと。なお、現在年間1000万~1500万番号のペースで割り当てが行われています。

ちなみに060はすでに終了した「FMC」向けに提供されていた番号。総務省は省令改正で060を携帯電話番号として利用できるようにする方針ですが、実際に割り当てが開始される時期は、070の減り具合を見て決めるとされています。

なお、今年10月からは機器同士の通信向けにポケベルの番号に使われていた「020」が開放される予定。今後も番号が不足するようであれば、「030」「040」が開放される可能性も浮上しています。

・関連記事
無料の格安SIM「Japan Welcome SIM」をドコモが提供、広告閲覧でデータ量チャージや企業とのコラボも | BUZZAP!(バザップ!)

トラブル急増で国民生活センターが注意喚起、「格安スマホを契約してはいけない人」は一体どんなタイプなのか | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「060」が個人向け携帯電話番号として開放へ、電子機器向けに「020」も | BUZZAP!(バザップ!)

【注意】ドコモ光やSoftBank光の「固定電話の番号を引き継げなくなる問題」を総務省が再度注意喚起 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加