数年ぶりの2画面スマホ「ZTE AXON MULTY」まもなく登場、MEDIAS WやKyocera Echoの再来に



かつて一部の層を大きく湧かせた「2画面スマホ」が帰ってきます。詳細は以下から。

海外メディア「VentureBeat」の報道によると、中国の大手メーカーZTEがAT&Tと組んで2画面スマホを開発しているそうです。

製品名は「ZTE AXON MULTY」で、1920×1080のディスプレイを2枚搭載。展開すると6.8インチ、1920×2160の大画面になるとのこと。

完全なスペックは判明していないものの、Snapdragon 820/4GB RAM/32GB ROMに、3120mAhバッテリー、2000万画素カメラを搭載するとみられています。

なお、気になる価格は650ドルで、発売は10月中旬を予定。アメリカではAT&T独占販売でDirect TVのコンテンツを視聴しやすくなるとされています。

海外で「Kyocera Echoの再来」とうたわれるZTE AXON MULTY。


しかし日本では発売されなかったため、2013年に発売された「MEDIAS W」の再来と考えたほうがしっくりくる人も多そうです。


なお、2画面スマホをめぐってはLenovoも興味を示しており、昨年開催されたCEATEC JAPAN 2016でコンセプトモデル「Folio」を展示。「1枚板」に飽きてきたスマホユーザーに希望の光が差しつつあります。


・関連記事
どこかで見たような2つ折りスマホも、Lenovoのコンセプトモデル「Folio」「Cplus」 | BUZZAP!(バザップ!)

「MEDIAS W N-05E」フォトレビュー、国内初の2画面スマートフォン | BUZZAP!(バザップ!)

ジャパンディスプレイが「見開ける液晶」開発、世界シェア上位のスマホメーカーと製品化へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング