どこかで見たような2つ折りスマホも、Lenovoのコンセプトモデル「Folio」「Cplus」

このエントリーをはてなブックマークに追加



Lenovoが日本最大級の家電の見本市「CEATEC JAPAN 2016」において、コンセプトモデルを展示しました。しかしなんともどこかで見たようなデザインとなっています。詳細は以下から。

まずは折り曲げられるスマホ「Cplus」。4.35インチの有機ELディスプレイを備えており、用途に応じてスマホとスマートウォッチにモードを変更できます。


ガラケーのような縦長のシルエットに、スマホのボディ。運動時には手首に巻けるなど、なかなか面白い端末ではないでしょうか。



そして2つ折りスマホ「Folio」。


有機ELを採用することで、外向きに折りたたむことができます。



画面を折りたたんだスマホモードでは5.5インチ、完全に1枚の真っ直ぐな板にしたタブレットモードでは7.8インチに。画面解像度は1920×1440と、なんだか不思議な感じです。


かつてNECが2013年に発売した最初で最後の変態スマホ「MEDIAS W N-05E」を思い出す人も多いのではないでしょうか。


当時は独立したディスプレイを2枚使うことで実現していた2画面スマホ。折り曲げられる有機ELの登場により、より洗練されて戻ってくることになるかもしれません。

・関連記事
家電業界の見本市「CEATEC JAPAN 2016」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

Ankerの新家電ブランド「eufy(ユーフィ)」発表会まとめ、安価なロボット掃除機やスマホを充電できるデスクライトなどが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】まもなく発表のNexusに代わるGoogle最新スマホ「Pixel XL」「Pixel」の性能情報まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

Zenfone 3ついにお披露目、ASUS発表会「Zenvolution」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加