「MEDIAS W N-05E」フォトレビュー、国内初の2画面スマートフォン

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモの2013年春モデルとして登場したNECのスマートフォン「MEDIAS W N-05E」のフォトレビューをお届けします。

なんとニンテンドーDSやSony Tablet Pなどのように2つの画面を搭載したモデルで、それぞれで別の作業ができるほか、1枚の大画面としても利用できるなど、変わり種となっているのが特徴。詳細は以下から。



「MEDIAS W N-05E」本体。2枚の4.3インチqHD(960×540)液晶や「MSM8690(デュアルコア、1.5GHz)」、1GBメモリを搭載したモデル。


裏面



バッテリー容量は2100mAhです。


折りたたみ時


折りたたみ時はもう1つの画面が背面に。裏面照射型CMOS採用の810万画素カメラを搭載しています。


閉じた場合、本体左側にボリュームスイッチや電源ボタンなどが配置される仕様。


上部にmicroUSB端子があります。


それぞれの画面で別々のアプリを実行することも可能


1画面での利用時


もちろん縦でも利用できます


上画面でGoogle Mapsを見ながら下画面でGoogle検索をしているところ。もちろんQWERTY入力も可能です。


検索を終えると下画面左のソフトウェアボタンを押すことで、1画面に切り替え可能。



・次の記事
折りたたみ式2画面スマフォ「MEDIAS W N-05E」の魅力が一目で分かるムービー | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
携帯電話各社の「応援学割」「学割」「ホワイト学割」を比較してみた 2013年版 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがXiを「docomo LTE Xi」にさりげなく名称変更、ブランド戦略の失敗か | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加