NTTドコモが2013年春モデルを発表、国内最速の112.5Mbpsサービス開始やフルHDモデル多数投入

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが2013年春モデルを発表しました。

国内最速となる112.5Mbpsの「docomo LTE Xi」やフルHD液晶・クアッドコアCPU・裏面照射型CMOSカメラ搭載モデルの展開に加え、全機種Android 4.1、バッテリー容量2000mAh以上……と、スペックの底上げが図られたほか、1万円を切る安価なタブレット端末「dtab」が登場するなど、面白い動きを見せています。



◆2013年春モデルは12機種に
本日2013年春モデルとして発表されたのは以下の12機種。1月から4月にかけて順次発売される予定です。

・スマートフォン
AQUOS PHONE EX SH-04E:1月25日(金)
MEDIAS X N-04E:2月下旬予定
ELUGA X P-02E:1月30日(水)
Xperia Z SO-02E:2月9日(土)
ARROWS X F-02E:2月中旬予定
Ascend D2 HW-03E:4月上旬予定
Optimus G pro L-04E:4月上旬予定
MEDIAS W N-05E:4月中旬予定

・タブレット
Xperia Tablet Z SO-03E:3月中旬予定
dtab 3月下旬予定

・その他
スマートフォン for ジュニア SH-05E:2月1日(金)
モバイルWi-Fiルーター HW-02E:3月中旬予定

◆高速通信、高精細、高速処理が柱に
報道発表資料 : 2013春モデルの12機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ

2013年春モデル発表会に登壇したNTTドコモの加藤薫社長


春モデルは112.5Mbpsまたは100Mbpsの高速通信「docomo LTE Xi」と高精細なフルHDディスプレイ、高速処理を実現するクアッドコアCPU+大容量RAM+Android 4.1が売りに。




6月には112.5Mbpsまたは100Mbps対応エリアを50都市以上に拡大へ。なお、帯域など関係から当面は北海道、東北、信越、北陸、中国、四国、沖縄の一部に限られます。


下り最大75Mbps対応エリアも2012年12月時点での500局から3月に4000局に拡大。


さらにバッテリー容量2000mAh以上を9機種ラインナップしたほか、NFC、NOTTV対応を進めています。


「Xperia Z SO-02E」「Xperia Tablet Z SO-03E」を紹介








他の機種も高スペック路線に。


使いやすさを意識したモデルも3機種展開されます。



春モデルは本日から札幌、東京、京都、大阪、神戸、福岡の6ヶ所にある「スマートフォンラウンジ」で先行展示。


さらに「dマーケット」の利用を推進する「Smart Home」の一環として「dtab」をリリース。



なんと9975円です。


テレビに取り付ける「dstick」は抽選で7万人にプレゼント。




ついにNTTドコモも無線LANルーターの提供に乗り出します。







◆発表会での質疑応答
フリー神尾:
dtabはドコモのサービスを活性化させるためのものであるのか

加藤社長:
Wi-Fi専用とさせていただいているdtabですが、初期画面はdマーケット専用です。Kindle Fireと同じ方向性のもので、キャンペーン価格でdマーケットの利用が1000億円規模に拡大することを期待している。

NHK安居:
Xperiaが主力ということだが、iPhoneはどうなのか。Xperiaをどういう位置付けにしているのか

加藤社長:
スマートフォンは操作性やサービスが充実してきた。スマートフォン、タブレット双方で一体感のある世界観を出している。スペック面では差が付かなくなってきているのではないか。

?:
Xperia AXにおサイフケータイの不具合があったが、春モデルでは改善できているのか

加藤社長:
プロダクト部長の丸山がチェックしており、大丈夫。もし何かがあっても迅速に対応する。

フリー日高:
dtabなどを通じて家庭の中にコンテンツを配信していくということだが、「専門の端末が無いと使えない」というようなビジネスはどうなのか。

加藤社長:
dtabは私どものサービスを利用するための端末という位置付け。中身は多様化、高度化を進めていく。

フリー鈴木:
3機種がNFCの3モード対応であるが、今後対応を増やしていくのか

加藤社長:
世界的に広まっているため、今後も対応していく。

?:
100Mbps対応が複数機種あるけれども、都市部では高速を体感しづらい。1.7GHz帯を使ったLTE展開などは考えているのか。

加藤社長:
112.5Mbpsなどは周辺部から入っていくもので、1.7GHzなどでの展開も考えているが、端末の対応周波数の問題もある。できるだけ早く導入していきたいと考えている。

◆レビュー記事
「MEDIAS W N-05E」フォトレビュー、国内初の2画面スマートフォン | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Tablet Z SO-03E」レビュー、Xperia Zと変わらない薄さに | BUZZAP!(バザップ!)

究極のXperiaこと「Xperia Z SO-02E」レビュー、性能だけでなくデザインも秀逸 | BUZZAP!(バザップ!)

お値段9975円、ドコモが繰り出す激安タブレット「dtab」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

国内最速112.5Mbps対応の「Ascend D2 HW-03E」レビュー、濡れたまま動作する実演デモも | BUZZAP!(バザップ!)

「ARROWS X F-02E」レビュー、「安定したARROWS」という言葉が脳裏をよぎる出来栄えに | BUZZAP!(バザップ!)

3000mAhの超大容量バッテリーを搭載した「Optimus G Pro L-04E」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

折りたたみ式2画面スマフォ「MEDIAS W N-05E」の魅力が一目で分かるムービー | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大112.5Mbpsのモバイルルーター「HW-02E」レビュー、Softbank 4G超えで国内最速に | BUZZAP!(バザップ!)

パナソニックの生存戦略を賭けた「ELUGA X P-02E」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

「AQUOS PHONE EX SH-04E」レビュー、女性向けでありながらZETAの鼓動を感じさせるモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

「MEDIAS X N-04E」レビュー、ブルーライトカットで目に優しいスマートフォン | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
携帯電話各社の「応援学割」「学割」「ホワイト学割」を比較してみた 2013年版 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがXiを「docomo LTE:Xi」にさりげなく名称変更、ブランド戦略の失敗か | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加