3000mAhの超大容量バッテリーを搭載した「Optimus G Pro L-04E」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年後半あたりからスマートフォンのバッテリー容量に対しての注目が急速に高まっており、本日発表されたNTTドコモの2013年春モデルでは、スマートフォンは軒並み従来の「大容量」に位置する2000mAh超えのバッテリーを搭載していますが、その中でも最大容量となる3000mAhのバッテリーを搭載した「Optimus G Pro L-04E」のレビューをお届けします。



「Optimus G Pro L-04E」本体。5インチフルHD(1920×1080)液晶や「APQ8064(クアッドコア、1.7GHz)」、2GBメモリ、裏面照射型CMOS採用240万画素前面カメラなどを備えたAndroid 4.1スマートフォンで、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信といった国内向け機能に対応。下り最大100Mbps・上り最大37.5Mbps対応でつながりやすいプラチナバンド(800MHz帯)のLTEもサポートしています。


やや丸みを帯びたことで持ちやすくなった背面には裏面照射型CMOS採用の1320万画素カメラを搭載。バッテリー容量は5インチ以下のスマートフォンとしては最大容量となる、3000mAhを実現しています。


右側面にSIMカードとmicroSDカードスロットがあります。


上部には電源ボタンとヘッドホン端子


下部にはmicroUSB端子


新たにさまざまな機器のリモコンになる「Qリモコン」を搭載。


フルHD解像度の画面により、文字もラクラク読めます。


新しくなった充電アダプタ


このように取り付けると……


スタンドとして利用できます。「横置きしたいけどクレードルを持ち歩くのはちょっと……」という人にとってはなかなか便利なのではないでしょうか。



・関連記事
携帯電話各社の「応援学割」「学割」「ホワイト学割」を比較してみた 2013年版 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがXiを「docomo LTE Xi」にさりげなく名称変更、ブランド戦略の失敗か | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加