究極のXperiaこと「Xperia Z SO-02E」レビュー、性能だけでなくデザインも秀逸

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモの2013年春モデルとして登場した「Xperia Z SO-02E」のフォトレビューをお届けします。詳細は以下から。



「Xperia Z」本体。「モバイルブラビアエンジン2」採用の5インチフルHD(1920×1080)液晶や「APQ8064(クアッドコア、1.5GHz)」、2GBメモリを搭載したフルスペックモデルで、ワンセグ・おサイフケータイ・赤外線、防水・防塵に対応。下り最大100Mbps・上り最大37.5Mbpsの高速通信に加え、つながりやすいプラチナバンド(800MHz帯)のLTEをサポートしています。


フルHD解像度によって、ウェブページをレイアウトそのままで表示可能。画面が大きいため、もちろん文字もちゃんと読めます。


ガラス素材を採用した背面にはフルHDのHDR動画を撮影可能な1300万画素の新型センサー「Exmor RS」採用カメラを搭載。さまざまな機器とタッチするだけでデータ転送できるNFCによって、外付けHDDへのデータバックアップなどが手軽に行えます。
  

本体右側に金属の質感を備えた電源ボタン


電源ボタンの上にはSIMカードスロット


左側にmicroSDカードスロットがあります。


上部にはヘッドホン端子


バッテリーは取り外し不可で容量は2330mAh。


ざっと触ってみたところ。前モデルのXperia AXと比較してもレスポンスは良く、一切ストレスはありません。

Xperia Z SO-02Eをざっと触ってみた - YouTube


カラーバリエーションは3色。




本体カラーに合わせたクレードルも付属。





・関連記事
携帯電話各社の「応援学割」「学割」「ホワイト学割」を比較してみた 2013年版 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがXiを「docomo LTE Xi」にさりげなく名称変更、ブランド戦略の失敗か | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加