「MEDIAS X N-04E」レビュー、ブルーライトカットで目に優しいスマートフォン



NTTドコモの2013年春モデルとして発表された「MEDIAS X N-04E」のレビューをお届けします。

つい同時発表された2画面スマートフォン「MEDIAS W N-05E」に注目が集まりがちですが、こちらは目に優しいブルーライトをカットできる機能を備えた大画面ディスプレイやクアッドコアCPUを搭載した正統派の高性能モデルとなっています。



「MEDIAS X N-04E」本体。4.7インチHD(1280×720)有機ELや「APQ8064(クアッドコア、1.5GHz)」、2GBメモリ、130万画素前面カメラを搭載し、ワンセグや赤外線、おサイフケータイ、防水・防塵に対応したAndroid 4.1スマートフォン。つながりやすい800MHzのプラチナバンド版LTEに対応しており、下りは最大100Mbps、上りは最大37.5Mbpsです。



背面には裏面照射型CMOS採用の1310万画素カメラ


バッテリー容量は1980mAh


上部にはmicroUSB端子とヘッドホン端子


カラーバリエーションは2色



画面からの青い光をカットすることで、目をいたわるブルーライトカット機能が備わっています。


並べてみたところ。左がブルーライトをカットしたもので、やや画面が黄色がかって見えます。


ざっと触ってみたところ。クアッドコアCPUと2GBメモリによって、特に引っかかることもなくスルスルと動作。まさに無難な動きのモデルです。

MEDIAS X N-04Eをざっと触ってみた - YouTube



・関連記事
折りたたみ式2画面スマフォ「MEDIAS W N-05E」の魅力が一目で分かるムービー | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話各社の「応援学割」「学割」「ホワイト学割」を比較してみた 2013年版 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがXiを「docomo LTE Xi」にさりげなく名称変更、ブランド戦略の失敗か | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  2. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  3. 「Nothing Phone (2)」はSnapdragon 8 Gen 2+搭載のフラッグシップスマホか、12GBメモリや5000mAhバッテリーなど詳細判明
  4. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  5. 「全画面iPhone」ついに登場か、画面下カメラとセンサーでノッチもパンチホールも消滅へ

モバイルに関連した楽天商品ランキング