下り最大112.5Mbpsのモバイルルーター「HW-02E」レビュー、Softbank 4G超えで国内最速に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルが「国内最速」として下り最大110Mbpsの「Softbank 4G」をサービスインしたのが2012年10月のことですが、半年ほどで国内最速を塗り替えることとなったNTTドコモの2013年春モデルで、下り最大112.5Mbps対応のモバイルルーター「HW-02E」のレビューをお届けします。



これがモバイルルーター「HW-02E」本体。北海道、東北、信越、北陸、中国、四国、沖縄とエリアは限定されるものの、国内最速となる下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbpsの「docomo LTE Xi」に対応。Softbank 4Gと異なり、上り速度が4倍近いのも特徴です。




バッテリー容量は1780mAhで約5時間駆動。各社にルーターを提供していることでおなじみのHuawei製で、3月中旬発売予定。


90×56×13.9mm、重さ103グラムのコンパクトボディで手にすっぽり収まります。



・関連記事
見逃せないHuaweiの隆盛、崖っぷちに追い詰められる日本の携帯電話メーカーに生存戦略はあるのか | BUZZAP!(バザップ!)

国内最速112.5Mbps対応の「Ascend D2 HW-03E」レビュー、濡れたまま動作する実演デモも | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話各社の「応援学割」「学割」「ホワイト学割」を比較してみた 2013年版 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがXiを「docomo LTE Xi」にさりげなく名称変更、ブランド戦略の失敗か | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加