【訃報】アーシュラ・K・ル=グウィンが死去、「闇の左手」「ゲド戦記」などを執筆

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Oregon State University

伝説的な女性SF作家が死去しました。詳細は以下から。

1929年生まれで「闇の左手」や「ゲド戦記」シリーズで世界中にファンを持つ女性SF作家のアーシュラ・K・ル=グウィンさんが1月22日にオレゴン州ポートランドの自宅で88歳でなくなりました。

息子のTheo Downes-Le Guinさんが看取ったとされていますが、死因などは明らかにされていません。ただ、この数ヶ月は体調の悪いことが多かったとのことです。

アーシュラ・K・ル=グウィンさんは1969年に発表された両性具有の異星人と地球人との接触を描いた「闇の左手」でヒューゴー賞、ネビュラ賞を同時受賞。同作を発端とする「ハイニッシュ・ユニバース」シリーズでは人類と異星人の邂逅を社会学や人類学に関わる分野の記述を通して描いていました。

日本では「ゲド戦記」シリーズが広く支持されており、宮崎吾朗監督によってスタジオジブリが映画化もしましたが、これは残念ながら本人からは酷評されています。

(Photo by Oregon State University

闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))
アーシュラ・K・ル・グィン
早川書房
売り上げランキング: 176

ゲド戦記(6点6冊セット) (岩波少年文庫)
アーシュラ・K. ル=グウィン
岩波書店
売り上げランキング: 61,730

・関連記事
ジブリが女性監督起用に「男性は理想主義的で女性は現実的、男性が起用されるのは偶然ではない」と発言、海外で物議に | BUZZAP!(バザップ!)

「ブレイブストーム」の岡部淳也監督による「架空のSF時代劇映画」のトレイラームービーが最高なことに | BUZZAP!(バザップ!)

自宅に転がる日用品を宇宙船にリミックスしてみたら…こんなにクールなことになりました | BUZZAP!(バザップ!)

「世界一怖いアイスクリームのCM」が完全にSF超大作 | BUZZAP!(バザップ!)

エイリアン侵略後の地球の日常風景のを描くSimon StalenhagのSF絵画シリーズ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加