HTCのスマホ事業責任者、突然辞任

このエントリーをはてなブックマークに追加



相手先ブランドでのスマホ、タブレット生産を請け負っていた部門をGoogleに売り払ったHTCが、さらなる転機を迎えました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、スマートフォンおよびコネクティッドデバイス部門の責任者・Chialin Chang氏が辞任したことをHTCが明かしたそうです。

辞任を発表した時点で後任は発表されておらず、いささか急な退社劇であったことがうかがえますが、現地報道ではChang氏はAI分野の会社を設立する予定とのこと。

なお、Pixelシリーズなどの開発を請け負っていたチームは2月頭にGoogleへ売却済み。今後HTCは自社ブランド製スマホやVR製品の開発にさらに注力するとされています。

・関連記事
「HTC U11」を発売日から使ってきて、どうしても改善して欲しいと思った不満点いろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

HTCがスマホ新機種を年間3~4モデルに集約、「HTC U11」の売れ行きは想定以上に | BUZZAP!(バザップ!)

HTCのグローバル部門の責任者やプロダクトデザイナー、販売責任者が退職したことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

初の赤字転落でLenovoへの身売り話まで持ち上がったHTC、いったい何が悪かったのか | BUZZAP!(バザップ!)

HTCが株価10分の1・シェア2%の危機的状況に、幹部の相次ぐ退職や純損失計上も | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungがHTCを中傷する工作、学生を雇ってネガティブキャンペーンを展開 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加