全国屈指のアニメサントラ数など、圧倒的な品ぞろえの「TSUTAYA梅田堂山店」閉店へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



今となってはなかなか買えないようなアニメのサントラCD、ドラマCDからミニシアター系の映画、はてはゲイ雑誌まで、かなり「濃い」品ぞろえだった店舗が完全閉店することになりました。詳細は以下から。

TSUTAYA梅田堂山店公式ツイッターによると、同店は5月6日(日)をもって閉店するそうです。移転でも改装でもないとのことなので、完全閉店となります。


最終貸出日は5月6日まで。ただしゲーム買取や本の取り寄せ、レンタルの取り寄せは3月末までです。


待ち合わせスポットとしても知られ、場所柄かゲイ雑誌やミニシアター系のゲイ映画まで取り扱うなど、とてもユニークな店舗だった梅田堂山店。

大阪には西日本最大級の品ぞろえを誇る「あべの橋店」があるものの、それでもアニメサントラCDの品ぞろえでは及ばなかったため、アニメファンは閉店前に一度どんなものがレンタルされているか見てみたほうが良さそうです。

・関連記事
ガチムチ系ゲイ雑誌「G-men(ジーメン)」休刊、21年の歴史に幕 | BUZZAP!(バザップ!)

ファミマが「Tポイント」に替わる独自ポイントカード導入へ、「ファミマ銀行」も誕生? | BUZZAP!(バザップ!)

タイ性風俗本購入に「出エジプト記」を旅行記に分類、海老名のTSUTAYA図書館が酷すぎて「#海老名市図書館風に分類してみる」タグまで登場 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加