ついに東急田園都市線に有料座席指定の急行登場、ただし大井町線を経由

このエントリーをはてなブックマークに追加



あまりの混雑に人心が荒廃し、殺気立った乗客によるケンカが起きた結果、ただでさえ遅延している電車がさらに遅延するなど、そのおハイソなイメージをぶち壊しにしている東急田園都市線の通勤ラッシュ。

疲れている時に少しだけ楽に帰れるかもしれないサービスが、ついに登場することになりました。詳細は以下から。

(PDFファイル)東急電鉄のプレスリリースによると、同社初となる平日夜の有料座席指定サービスが2018年冬から大井町線の新型車両「6020系(7両編成)」で開始されるそうです。


同サービスは6020系の1両をロングシートからクロスシートへ転換できる車両に置き換え、平日の19時30分から23時台までの間に5本程度を「座席指定サービス車両」として運用するというもの。座席数は40席程度を予定しています。


運行ルートはこんな感じ。大井町発、田園都市線直通の急行長津田駅行きとして運行され、現時点で有料座席指定サービス区間や料金、販売方法などの詳細は検討中とのこと。


なお、3月27日~5月6日にかけて、東急公式ページで有料座席指定サービスの愛称を募集。見事採用された人1名(複数名いる場合は抽選)に5万円分の東急グループ商品券が当たります。

・関連記事
殺人的に混雑する東急田園都市線が設備トラブル頻発で運行中止続出、通勤環境が最悪に | BUZZAP!(バザップ!)

殺人的な通勤ラッシュの東急田園都市線が臨時特急「時差Bizライナー」運行へ、早朝利用でクーポンも | BUZZAP!(バザップ!)

ようやく東急田園都市線に新型車両「2020系」導入へ、空気清浄機採用で2018年運行予定 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加