ドコモがau追従の新プラン発表へ、データ通信量に応じて安くなる仕組みに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモが新プランを発表することが明らかになりました。詳細は以下から。

NHKニュースおよび読売新聞の報道によると、ドコモは2018年5月に新たな料金プランを導入する方針を固めたそうです。新プランはKDDIの「auピタットプラン」のように実際に使ったデータ量に合わせて課金するというもの。

個人向けでは20GBプランを契約した場合、実際の利用が5GB、3GB、1GB以内であれば段階的に安くなるとされており、1GBまでは月額2900円、3GBまでは月額4000円になると報じられています。

なお、「auピタットプラン」はこんな感じ。各社の報道を見る限り、auの同様のプランから2GBを抜いたものになるようです。

・関連記事
「実質0円」すら根絶目指して総務省がスマホ割引規制強化、"総無能"の悪夢再び | BUZZAP!(バザップ!)

【詳報追記】楽天に周波数割り当てで第4の携帯電話会社誕生、KDDIも待望の1.7GHz帯(Band 3)獲得 | BUZZAP!(バザップ!)

実はauが最速、下り最大速度をアピールする携帯各社があえて触れない「上り速度」を問い合わせて比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加