有機ELテレビ値下がりへ、世界最大手のLGディスプレイが液晶から一気に転換

このエントリーをはてなブックマークに追加



ポスト液晶としてもてはやされているものの、高止まりしている感のある有機ELテレビに値下げの波が訪れそうです。詳細は以下から。

海外メディア「DIGITIMES」の報道によると、テレビ用有機ELパネル世界最大手のLGディスプレイが第10.5世代、世界最大規模のディスプレイ工場「坡州(P10)」において有機ELパネルの製造に乗り出すそうです。

当初坡州では液晶テレビ用のパネル生産が予定されていましたが、中国勢の液晶パネル生産能力が向上し続けているため、有機ELに急きょ転換したとのこと。

また、BOE TechnologyやChina Star Optoelectronics Technology(CSOT)といった中国勢がOLED製造開発に取り組んでいることを受け、先手を打って有機ELパネルの製造規模を拡大するねらいがあるとみられています。

なお、坡州での有機ELパネル大量生産は2020年に開始される予定で、低価格戦略を仕掛けることで有機ELテレビの普及を加速させるとのこと。どうやら東京オリンピックが開催される頃には有機ELテレビが程よい値段になりそうです。

・関連記事
中国メーカー各社が折りたためる有機ELパネル開発、ポスト液晶は日本の一人負け確定か | BUZZAP!(バザップ!)

有機ELで出遅れたジャパンディスプレイ、自社がまとめた「事業等のリスク」が当てはまりまくる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

スマホのディスプレイ、まもなく有機ELと液晶が逆転へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加