スマホのディスプレイ、まもなく有機ELと液晶が逆転へ



今までSamsungのGalaxyシリーズなどに採用されるのみで、あまり馴染みの無い人も多かったであろう有機ELディスプレイが、一気にスマホのメインストリームになる可能性が浮上しました。詳細は以下から。

LGディスプレイの上席副社長兼CTO、姜仁炳氏が4月5日~7日に東京で開催された「Finetech Japan 2017」の基調講演で述べたところによると、2018年にも有機ELディスプレイを採用したスマホが主流になるそうです。

これはApple、Samsung、LG、Huawei、Vivo、Oppo、Lenovoなどの主要メーカー各社がスマホに有機ELパネルを採用することを受けたもの。

2014年時点でのスマホのディスプレイ比率は有機ELが27%、液晶が73%でしたが、2018年には有機ELが58%、液晶が42%に逆転すると姜氏は解説。しかし2017年時点では供給が追いつかないため、各社ともフラッグシップモデルへの採用にとどめる見込みです。

このように急速に需要が拡大することを受け、テレビ向けの大型パネルを手がけているLGディスプレイはスマホおよびタブレット向けの中小型パネルの生産を拡大。2016年時点で液晶が90%、有機ELが10%だった売上高の比率は2020年には50%ずつになるとされています。

なお、SamsungやLGディスプレイ以外にもAUO、BOE、EverDisplay、Kunshan Govisionox Optoelectronics、Tianma Micro-electronicsなどの台湾、中国メーカー各社が有機ELパネルの生産ラインを構築中。

2014年に360万平方メートル、2016年には530万平方メートルだった年間生産量は2018年には1470万平方メートルにまで急拡大する見込みで、急激なシフト転換は有機ELで出遅れているジャパンディスプレイやシャープに多大な影響を与えるとみられます。

OLED penetration of smartphones to surpass that of LCD in 2018, says LG Display executive

・関連記事
「GoogleがLGの有機ELに1兆ウォン投資」報道でシャープの株価が暴落 | BUZZAP!(バザップ!)

ついにスマホ向け有機ELと液晶の製造コストが逆転 | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSが「有機EL搭載のフルスペックZenfone」開発か、Huaweiなどに対抗へ | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungやLG、有機EL(OLED)ディスプレイに必要な有機材料を自社生産へ | BUZZAP!(バザップ!)

ジャパンディスプレイがソニー・パナの有機EL部門「JOLED」を子会社化か、750億円の資金支援も | BUZZAP!(バザップ!)

「有機EL版Xperia」発売は困難か、AppleやSamsungがスマホ向け有機ELを独占へ | BUZZAP!(バザップ!)

投資規模は1社で数千億円、中国メーカー各社が有機ELの生産能力を拡大へ | BUZZAP!(バザップ!)

新聞紙のように丸められる大画面の有機ELディスプレイをLGが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング