auやUQ mobileの通信を改善する「WiMAX 2+車載基地局」がコミケ94にも出動、今年は強化エリアを変更



昨年初めて投入された本格仕様のWiMAX 2+車載基地局が、今年のコミケにも投入されることになりました。

今年は重点的に強化されるエリアが少し変わるようです。詳細は以下から。

UQコミュニケーションズの告知ページによると、同社は2018年8月10日(金)~12日(日)にかけて、東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット94」にWiMAX 2+の仮設基地局を設置するそうです。

2017年の夏コミで初めて登場したUQコミュニケーションズ初の車載基地局が再び配備。WiMAX 2+無線機やアンテナ、バッテリーなどを搭載することで単独で基地局として機能するほか、高いアンテナにより広いエリアをカバーできるようになりました。


昨年冬に追加された「西館と会議棟の間」を含め、臨時強化エリアは今までと同じですが、今回は車載基地局が東館駐車場でなく、東京ベイ有明ワシントンホテルの近くに。東ホール7・8の新設により駐車場の面積が減り、カバーしないといけない人数が減ったからかもしれません。


待機列でのWiMAX 2+ルーターはもちろん、auスマホやUQ mobileスマホでの通信がさらに快適になるWiMAX 2+仮設基地局の展開。

なお、大手3社もエリア対策を行うことを表明していますが、「痛基地局」が登場したかつてほどのインパクトはありません。

エリア対策強化イベント | エリア | NTTドコモ


イベント対策 | エリア | au


イベント対策 | モバイル | ソフトバンク

・関連記事
アニメのチョイスと乱心っぷりが絶妙、auのコミケコラボ企画を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

辛いコミケの「におい」に革命的な自衛手段が発見される | BUZZAP!(バザップ!)

au公式ご乱心、KDDI社員が弱虫ペダルのOPを本気で再現 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」
  2. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクが続行も在庫が不安定に、「iPhone 12 mini」契約なしで値下げも
  3. 楽天モバイル「圏外になった」と報告多数、au回線提供終了でエリアが縮小し自宅や駅、会社、店舗、道路などで使えず全国規模の混乱に
  4. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ再び、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途にも
  5. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング