「セレブ気取り」「迷走」ローラのユニセフ1000万円寄付をけなした夕刊フジが大炎上

このエントリーをはてなブックマークに追加



さすがにこれを叩くのは無理筋ではないでしょうか。詳細は以下から。

モデルでタレントのローラがユニセフに1000万円寄付をしたことを「セレブ気取り」などとけなした産経新聞社の発行するタブロイド判夕刊紙「夕刊フジ」の記事が大炎上しています。

◆夕刊フジのローラ記事が炎上
炎上しているのは8月23日に夕刊フジの公式サイトzakzak上に掲載された迷走するローラ、どこへ行く? ユニセフ1000万円寄付に『セレブ気取り』の声もという記事。

ローラはクオーターのエキゾチックな容姿と天然で奔放なキャラクターなどで親しまれてきたモデルにしてタレント。昨年、所属事務所の「LIBERA」からの独立騒動が報じられましたが、今年になって和解。現在はロサンゼルスを拠点としています。

独立騒動の後はCMへの出演やInstagramなどを中心に活動していますが、夕刊フジとしては「これまでのキャラからは思いも及ばない世界へと踏み出している」ことがどうにも面白くない様子です。

@voguemagazine ✖︎ @bulgariofficial #offshot

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 -


◆サマソニでの動画の炎上を指摘
まずは「SUMMER SONIC 2018」で謎の炎上を起こした、ローラがInstagramのストーリーに投稿した「腹筋」動画について紹介。この騒動自体も完全に「どうでもええやん」案件であることはまず明確に指摘しておきましょう。

ネット上などでは「アーティストに対して失礼」「ファンの人らに流石に失礼」のような完全に明後日の難癖も飛び出していたようですが、フェスでどのように音楽を聴こうとその人の勝手です。野外フェスではライブ中に椅子に座ってビールを飲みながら友達とおしゃべりをしている人も大勢いますが「失礼」などという間抜けな批判は誰もしません。

結局ここでもローラを叩きたい人が「アーティスト」や「ファン」を利用しているに過ぎませんが、その騒動をさらに夕刊フジが利用するという図式になっています。

◆社会貢献を「セレブ気取り」
これに続いて夕刊フジはローラが「最近は社会貢献活動にも関心があるようで、5月にはプラスチックごみの問題に言及」している事を指摘。素晴らしいことで批判するような要素は皆無です。

いまプラスチックの環境問題は深刻になってきていて、2015年から2025年までの間に約3倍の量に増えて、2050年までには海にいる魚達よりもプラスチックの重量のほうが重くなると言われているの。 信じられない..。イギリスではもう使い捨てプラスチックを使った製品の販売を禁止するの。イギリスだけではなく、日本も、世界中がこの法律になりますように。 レジ袋を使わずにエコバッグにしたり、プラスチックのペットボトルはなるだけ使わないようにするかちゃんとリサイクルにしたり、1人1人の意識でものすごく変わっていくしみんなで地球をまもっていこう🙏🌏 Plastic waste has become a serious environmental problem. The amount of plastic waste in the ocean will increase three times between 2015 and 2025, and by 2050 the weight of plastic in the ocean will be higher than the weight of fish in the sea. In the UK, the use of disposable plastic has already been prohibited. We hope that this type of law will be passed all over the world, not only in the UK. We can make a huge positive change from consciencous living by everyone!We must protect the earth; it's the only one we have! #SaveTheEarth

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 -


Every year, around 80,000 tons of plastic wash into the oceans. It gets stuck on and inside of the ocean's creatures. Seeing this video was a huge shock for me. Even though the world gives us beautiful nature, the oceans, and greenery, we only give it garbage in return. We can't forget to be grateful to our planet. Because of global warming, there are abnormal weather patterns occurring. This the earth crying out a warning at us. I'm really really thinking hard, learning about this, and figuring out what I can do to make a positive change🙏 @discoversharks 毎年約800万トンのプラスチックが海に流されていて、それが海の生き物の体内にも取り込まれていっているんだ。 この動画はすごくショック。 人は地球から自然や海、緑、食べ物をもらっているのに、わたし達はどんどん地球にゴミを残して行く。。ありがとうの気持ちを忘れてはいけないと思う。人間が起こした温暖化によって異常な気象がたくさん起こっていて、地球は悲鳴のサインをだしていると思うんだ。しっかりもっと勉強をして行動に移していかなくちゃ🙏

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 -


さらに8月12日の投稿で、イタリアで行われたユニセフのイベントに参加して「わたしはいま頭の中が子供達や動物の幸せと地球をまもることでいっぱいです」「今回は自分ができる事として1000万円を寄付する事にしました」と報告したことを紹介。ますます素晴らしいことで他人に咎められるような事は何ひとつ行っていません。

今回UNICEFのイベントに参加しました。わたしはいま頭の中が子供達や動物の幸せと地球をまもることでいっぱいです。それと調べるほど許せないこともたくさんあり、悲しい気持ちになります。今回は自分ができる事として1000万円を寄付する事にしました。まだまだ足りないです。何をするために生きているか何をしないといけないか冷静に考えて自分の感情を信じて生きて行こうと思います。リスクがあっても嘘のない、人にとっても地球にとっても幸せが続くことに精一杯力を注いで頑張っていきたいです。 I attended a UNICEF event! I've had the welfare and happiness of children and animals, as well as ideas about how to protect our planet on my mind a lot lately. There's a lot of sad feelings and actions I just can't forgive on my mind as well. Therefor, I've made a $100,000 donation to UNICEF, because I really believe they're working to improve these conditions that really need to change. It's still not nearly enough, though. I've been thinking lately, "What is my purpose in life?" and "What do I have to accomplish during my time here?" and I've decided to follow my heart from this point forward. No lies, finding ways to make people happy and save our planet are the things I've made up my mind to put my energy into. I've gotta try my best!

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 -


なぜかここで夕刊フジは「しかし、これには賛否の声が」などとして匿名の芸能サイト編集者の批判があるとの指摘を並べ立てます。それが「セレブ気取り」「ほかにやることがあるのでは」というもの。

ロサンゼルスに3億円の豪邸を建てるローラはセレブと呼んでいい存在でしょうし、「ほかにやること」が何であるかは記事のどこでも指摘されません。結局夕刊フジは、批判と呼ぶ価値もない単なるやっかみ半分の難癖を持ち出してローラを叩いて見せているわけです。さらにこの「編集者」は

「ハリウッド作品に出演するなど海外志向を強めているローラだけに、その活動も海外セレブを意識しているのは確か。海外のスターたちは、稼いだカネを社会貢献活動に費やすことが普通ですから、そういった行動に感化されているのでしょう」


としていますが、自分の稼ぎを社会貢献活動に費やすことのどこがどうおかしいのか、批判すべきなのかについては何ひとつ語れていません。

◆出る杭を必死に打とうとする醜悪さ
記事の最後を「いったい、どこに行ってしまうのだろう」というトンチンカンな一言で締めた夕刊フジに対してツイッター上ではセレブ気取りがトレンド入りし、批判コメントが溢れて炎上しています。


ローラがいつの間にか夕刊フジが「おバカな天然タレント」として消費して笑えるレベルを超えてしまっていることへの「焦り」や「いらだち」なのでしょうか。それとも夕刊フジ読者層の現在のローラへのそうした「焦り」や「いらだち」を記事として具現化したということなのでしょうか?

ネットでは、こうした記事が作られた理由として、出る杭は打ちたい、自分と同じ泥沼から出ようとする人の足は引っ張りたいという欲求を持っている人が日本社会には多いからではないかといった指摘も出ています。

古くはX JAPANのhideが難病の少女との出会いから骨髄バンクに登録し、骨髄バンクのチャリティー活動に参加するようになった際にも「売名行為だ」というバッシングが起こりました。

同様に、社会貢献活動や慈善活動、ボランティアなどに参加する人を「売名」「気取ってる」、酷い時には「偽善者」とバッシングする人は日本では(特にネット上では)珍しくありません。

ただし東日本大震災以降はそうした風潮も少しずつながら変わってきており、今回のローラの記事に関してもバッシングはほぼローラではなく夕刊フジに向けられ、大炎上となっています。

夕刊紙がセンセーショナルなトピックに飛びつきがちなことは今に始まったことではありませんが、さすがにもうこんな醜悪な「善行バッシング」はやめにした方がよいのではないでしょうか?

ユニセフの現場から
ユニセフの現場から
posted with amazlet at 18.08.24
和氣 邦夫
白水社
売り上げランキング: 745,964

ユニセフ最前線―戦争を止めた人間愛
井上 和雄
リベルタ出版
売り上げランキング: 839,213

・関連記事
【フェイク注意】民主党時代にも「文書書き換え」の前例!?→自民党時代の2007年に発生した事件でした | BUZZAP!(バザップ!)

「米兵の日本人救助を報じない沖縄2紙は報道機関を名乗る資格がない」と断言した産経新聞の報道そのものがデマという悪夢 | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞がデマを認め「沖縄米兵の救出報道 おわびと削除」を掲載も、記事を書いた高木桂一那覇支局長の名前はどこにもなし | BUZZAP!(バザップ!)

産経と幸福の科学が目論んだ自称保守系イベントでのスティーブン・バノンの招聘に踊らされた人々 | BUZZAP!(バザップ!)

サンフランシスコの慰安婦像設置、日本の自称保守界隈と産経新聞が進める「歴史戦」のせいだった | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】まとめサイト産経新聞「日本を貶める日本人をあぶりだせ」 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】まとめサイト産経新聞による「日本」を海外に発信する英語サイト「JAPAN Forward」がやっぱり酷いことに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加