「ド近眼の人から見た世界」を描いた絵画のわかりみが深過ぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加



目のいい人には絶対に理解してもらえない世界が克明に描かれています。詳細は以下から。

ある時ふと気がついたら悪くなっていた目。眼鏡やコンタクトレンズを使って普通に生活できてていても、ふと裸眼になった時のあの全てがぼやけた世界は不便で時に危険です。

ちょっとした段差が見えなかったり、外した眼鏡がどこにあるか分からなくなったりなど、笑い事のようですが本人からすれば心躍る瞬間ではありません。

しかし「水中で目を開けたような感じ」などと説明を試みても、目のいい人には理解してもらえず歯がゆい思いをした人も多いのではないでしょうか。

そんな「ド近眼の人から見た世界」を南アフリカの画家Philip Barlowが絵画作品にしてくれました。そうそうこれなんだよ、と目が悪い人ほど首がもげるほど同意すること間違いなしです。

目のいい皆様、ぜひともとくとご覧下さい。これが正真正銘の「ド近眼の人から見た世界」です。

人の顔もちゃんと見えません。小さな段差や障害物なども気付けないことがあります。





雨の日や夜などは光の反射もありさらに見えづらくなります。



きらきらと美しいビーチもやはりぼんやり。


波で眼鏡をなくすと途方に暮れます。波にさらわれていると泣けてきます。


もちろん彼女の水着姿もぼんやりです。水着姿もぼんやりです。大切なことなので二度言いました。



ほんの少し、目が悪いということの不便さを感じていただけたでしょうか?

メガネのシャンプー除菌EX ミンティベリーの香り
ソフト99コーポレーション
売り上げランキング: 458

・関連記事
視力に合わせて度数を変えられる、液体レンズの「スマート眼鏡」が開発される | BUZZAP!(バザップ!)

猫の目からは実は世界はこう見えている | BUZZAP!(バザップ!)

エイリアン侵略後の地球の日常風景のを描くSimon StalenhagのSF絵画シリーズ | BUZZAP!(バザップ!)

天才と呼ぶしかない、11歳のDusan少年が描く息を呑むほど緻密で生命力に溢れる動物の絵画 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加